アストンマーティンのエンブレムは水平に!スタッフこだわりのジャッキアップ

皆様こんにちは。

アストンマーティン大阪八光のKです。

 

今日はアストンマーティン車のジャッキアップのお話をしたいと思います。

私たちアストンマーティンのショールームでは展示車両のホイールセンター部分は必ずウィングの向きを合わせなければならないというルールがございます。

この真ん中の丸い部分のことです。

DSC_0628.JPG

 

アップにするともっとよくわかります。

DSC_0629.JPG

 

この部分は簡単にはずせないので、向きを合わせるにはホイールを回す必要があります。

 そこで、改めてジャッキアップポイントの確認を行うため、弊社サービスエンジニアによるVH構造の勉強会を行いました。

DSC_0631.JPG

DSC_0630.JPG

私自身、車の裏側を見る機会は少ないので、ちょっとわくわくしました♪

下の写真で、リフトのアームがかかっている部分が一番頑丈な部分だそうです。

ジャッキアップを行う際にはこの部分の、サイドスカートとかぶらない場所に狙いをさだめます。

DSC_0632.JPG

 

そしていざ、閉店後のショールームにてジャッキアップ。

ポイントを目で見てしっかり確かめます。

 

DSC_0635.JPG

車体を持ち上げている間に、もう一人のスタッフが手でホイールを回します。

これがなかなか大変。

写真はラピードSですが、重量が重いので持ち上げる側の体力をかなり消耗します。

DSC_0636.JPG

 

これを1台につき4回4輪分行います。

DSC_0637.JPG

 

DSC_0638.JPG

 

また、このウィングは、ボンネットとトラックリッド部分のウィングと同様に黒と緑の2色ございます。

 こちらが黒。ちなみに車種はヴァンキッシュです。

DSC_0629.JPG

 

そしてこちらが緑。車種はラピードSです。

(我ながら綺麗に写せました笑)

DSC_06301.JPG

 

こんな風に細かく見ていくと面白ポイントの豊富なアストンマーティン。

ショールームにご来店された際には、スタッフが汗を流してセンターを合わせたホイールにも注目してみてくださいね。

 

 

下記リンクをご活用ください。▼ ***********************************

各種お問い合わせはこちらから

▲カタログ、見積り、試乗、その他なんでも気軽にご相談ください。

アストンマーティンの新着情報はこちら

▲イベントなどの情報盛りだくさんです 

アストンマーティン認定中古車情報はこちら

▲とびっきりの一台をお求めやすい価格で

アストンマーティン大阪八光(営業時間、アクセスなど)はこちら

アストンマーティン名古屋八光(営業時間、アクセスなど)はこちら