Colors of MASERATI

 アンベールされる瞬間を静かに待っていたのは

こんな特別なボディカラーを纏ったマセラティでした

IMG_0772.JPG

IMG_0774.JPG

IMG_0775.JPG

IMG_0773.JPG

IMG_0776.JPG

IMG_0777.JPG

 

 

6月29日(土)・30日(日)は「COLORS OF MASERATI」と題した

展示会を開催いたしております

 

ぜひ、マセラティ心斎橋/マセラティ箕面へお越し下さい

スペシャルなボディカラーのマセラティが

ショールームにてみなさまをお迎えいたします

 

 

 

マセラティ心斎橋/マセラティ箕面

■営業時間:10:00~19:00

■定休日:水曜日

 

  • hakko (2019年6月29日 12:57)

昨晩の・・・

マセラティ箕面ショールーム

一台の車が、アンベールされる瞬間を静かに待っています…

IMG_0779.JPG

 

 

 

 

マセラティ心斎橋/マセラティ箕面

■営業時間:10:00~19:00

■定休日:水曜日

 

  • hakko (2019年6月29日 10:09)

 

いつもマセラティ箕面/心斎橋のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

大変残念なお知らせなのですが、マセラティコンシェルジュサービスが、諸般の事情により

終了することとなりました。

 

新車をご購入のお客様に対する、新規受付は5月ですでに終了しており、

現在オーナー様でコンシェルジュサービスのカードをお持ちの方も

2019年9月30日をもって、現在ご利用いただいておりますサービスが、終了となります。

 

詳細につきましては、マセラティジャパンより、マセラティオーナーのお客様に郵送にて、ご案内が届く予定となっております。

ご不便おかけしますが、今後ともご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • hakko (2019年6月 7日 11:01)

香りの記憶

突然ですが・・・

嗅覚は五感のなかでも、より原始的な脳の部分と結びついているそうです

何かの香りをかぐと、瞬時に記憶が呼び起こされたり

心にさざなみが立つような感覚を覚えたりするのはこのためかもしれません

 

さて、

マセラティのための「香り」があることはご存知でしょうか?

フィレンツェのフレグランスブランド ”Dr. Vranjes(ドットール・ヴラニエス)”の商品

その名も「Dr. Vranjes for  MASERATI」です

def_maserati.jpg

以下、ドットール・ヴラニエスのオフィシャルHPより引用させて頂きますと

「グリーンシトラスに始まり、柑橘系のリッツァクベバ、ゼラニウム、ラベンダーなどの

甘さと調和しながら、マセラティの内装を思わせるレザー、ウッディなブライアルート、

サンダルウッド、ムスクのマスキュリンベースへと変化していく。

深い甘さの中に、奥行きと力強さを感じさせる香りは、

マセラティの気品、エネルギー、革新、そして創造性を表現している」とあります

艶やかなボトルはマセラティブルー

ショールームでは、

お越し頂いたみなさまをマセラティのための香りでお迎えしています

いつかどこかで、マセラティを思い起こして頂ける瞬間がありますように・・・

 

 

 

マセラティ心斎橋/マセラティ箕面

■営業時間:10:00~19:00

■定休日:水曜日

  • hakko (2019年6月 1日 18:17)

 

60795883_2524186577626679_7856239961777897472_n.jpg

マセラティは、最高品質のワインを手がけるトスカーナの名門ワイナリー「アンティノリ」 との提携を発表しました。

マセラティとアンティノリの提携は、妥協のない品質の追求におけるイタリアン エクセレンスの体現という、両社に共通する重要な価値観に基づいています。

 

アンティノリ家 は、1385 年にジョヴァンニ・ディ・ピエロ・アンティノリがフィレンツェのワイン醸造業者ギルドに 加盟して以来、26 代 600 年以上にわたってワインの製造を続ける名門です。その長い歴史において、 同家は常にその事業の最前線に立ち続け、革新的かつ時として大胆な戦略を展開しながらも、伝統と 環境に揺るぎない敬意を払っています。マセラティとアンティノリの提携により、伝統と革新、完璧を 目指す絶え間ない追求、細部へのこだわりと品質にかける情熱という、両社に共通する価値観にインスパイアされた一連のイベントや取り組みを実施いたします。

 
また、3月に開かれた「第89回ジュネーブ国際モーターショー」では、アンティノリの副社長であるアレグラ・アンティノリのためにカスタマイズされた一台「レヴァンテ ONE OF ONE」を公開しまし た。このコンプリートカーの制作にあたっては、マセラティ・チェントロ・スティーレ(=デザインセ ンター)がオーナーであるアレグラ・アンティノリ女史をサポートし、単なるアクセサリーの選定を超えた、真の意味での「共同制作」を行っています。
 
 

Maserati-Levante-Geneva-Motor-Show-2019.jpg

 オーナー自身が自らの情熱やストーリーを表現したこの特別なプロジェクトでは、画期的ともいえるマセラティの革新性と伝統的なクラフトマンシップだけが成し得る細心の気配りが深く融合し、唯一無二のマセラティレヴァンテへと昇華しています。
 
この全く新しいカスタマイゼーション工程において、アレグラ・アンティノリが求めたあらゆるディテールは、彼女自身のパーソナリティーを表現しています。車体のカラーはトスカーナ地方の丘の色彩にインスパイアされた三層コートの特注グリーン、ドアハンドル、サイドエアベント、グリルインサートなどは深いクロームで仕上げられています。この外装色と追求されたトーンの組み合わせにより、マセラティレヴァンテSUVに真の意味での洗練性が与えられています。
 
アレグラ・アンティノリの「ONE OF ONE」のインテリアには、過去にレヴァンテでは使用されていない数々のユニークな素材が組み合わされています。ダッシュボード下部、ドアパネル、センタートンネル、シートカラーは、トスカーナ地方のワインヤードが持つ温かみのある地面の色調を表現しています。
 
シートに採用された特別な”ピエノフィオーレ”レザーもまた、非常に美しい選択肢の一例です。表面は仕上げ剤を使わずにアニリンとオイルだけで着色され、ボタンタフトによる立体的なオーナメントが加えられています。この技工によって特筆すべき色の深みと素晴らしくスムースがもたらされ、その柔らかな質感はまるでワインのように時間とともに独特の風合いを見せていきます。
 
センタートンネルの仕上げには、カーボンファイバーと鏡面仕上げの銅線という、マセラティでもこれまで用いたことのない特別な素材が用いられています。この材料も、フィレンツェとシエナの中間に位置するキャンティクラシコ地方のアンティノリワイナリーの建物に使用されている「Cor-Ten(耐候性鋼)」からヒントを得ています。
 
そして、最後に加えられた100%天然モヘアウール製のフロアマットにより、テイラーメードカスタマイゼーションと細心のディテーリングがさらに特別なものへと高められました。
 
 こうした価値観を融合させることで、 マセラティとアンティノリは、特別な才能と持つ人々と何世紀にもわたる歴史を協調させ、イタリアンエクセレンスの真の本質を世界と共有します。 
 
  • hakko (2019年5月23日 09:35)
60900301_2524192530959417_5259606621285253120_o.jpg

  2019年5月16日より20日まで開催されたモデナの「パヴァロッティ劇場」で

「自動車産業 の未来」をテーマにした「モーターバレー・フェスト 2019」にマセラティが出展しました。 

 
1939 年以来モデナに本社を置くマセラティは、イタリアの自動車関連企業が集まる
「モーターバレー」 で開催されるこの初の巨大フェスティバル「モーターバレー・フェスト 2019」に参加し、
イタリアの この地域の伝統を祝福しました。これはイタリアの一部であり、スピードとスピードに対する愛と情 を格式と優雅さを持ち続けたエミリア・ボローニャ州の伝統ともいえます。 
 
「マセラティと勝利の世紀」と題された無料展示では、マセラティが駆け抜けた1世紀にわたる栄光の 軌跡を当時のポスターから復刻した、一連のリトグラフを披露しました。他にも、エンツォ・ナッソと ベペ・ザガリアが手がけたアート作品の数々も展示されました。 
 
マセラティの本社ファクトリー内外には、マセラティの歴史における最も重要なモデルの数々をご覧 いただきました。
主な展示は以下の通りです。 
 
● ルイージ・ヴィッロレージが 1939年にタルガ・フローリオで勝利を飾った「ティーポ6CM」 
● 1947年にマセラティが製造した初のロードカー「A6 1500」 
● マセラティ初の量産車である3500GTのコンバーチブルモデル「3500GT ヴィニャーレ スパイ ダー」 
● 非常に革新的なシャーシと12気筒60度V型エンジンをリアに搭載した1961年「ティーポ63バー ドケージ」 
● 1963年に登場した第1世代の「クアトロポルテⅠ」(現行モデルは6世代)
● スポーティなドライサンプ式エンジンを搭載したマセラティ初のロードカー「ギブリ」 
● マセラティ初のミッドシップエンジンを搭載したロードカー「ボーラ」 
● 3200 GTをベースにしたバルケッタスポーツモデルのプロトタイプ「320 S」
● 「GT4ヨーロピアンシリーズ」と「ピレリワールドチャレンジUSA」参加チームのために製造された、グラントゥーリズモMC
 をベースとした本物のレーシングカー「グラントゥーリズモ MC GT4」
● 無数のFIA GT世界選手権の勝者「MC12コルセ」 
 
 
また、展示以外にもマセラティ本社では様々なイベントが開催されました。 「1999年~2019年:マスター・マセラティ ドライバー・トレーニング プログラムのアドレナリンに 満ちた20年:特別ゲストにアンドレア・ベルトリーニを迎えて」 「マセラティ- 現代の物語:1世紀を超える歴史を支える人々とイベント」 「マセラティとデザイン:進化の形」 
 
Viale Ciro Menotti の歴史的な本社棟に加え、マセラティ レヴァンテ、ギブリ、クアトロポルテをドゥ カーレ宮(軍学校)に展示。モデナの 旧AEM エリアでは、マセラティに関心のある学生や若者から の質問に対応しました。 またイベントの実施された週末にはアウトードロモ・ディ・モデナ(モデナ・ サーキット)で行われるスピードの祭典「Motor 1 Days」に、マセラティも参加しました。 
 
同じ週末にモデナのノーヴィ・サド公園では、ゴールへ向かうミッレミリアに参加するマセラティの 車列を見ることができ、また、マセラティ「エルドラド」の過去のレースの伝説的なピットストップの 興奮を追体験することができました。 
 
60647985_2524192474292756_9040642331123908608_o.jpg
  • hakko (2019年5月23日 09:26)

 blog.png

510()12()3日間、

“MASERATI GranTurismo Test Drive Days ”と題し、試乗体感キャンペーンを開催いたします。

GranTurismoの魅力をご体感頂けるまたとない機会となりますので、

ぜひショールームへお越しくださいませ。 

blogg.png

また、Maserati UNOプログラムで、新たに特別金利1.0%をご利用頂けることとなりました。

Maserati UNOプログラムとは、頭金をお支払いいただいた後のお支払が

最終回の1回だけになるファイナンシャルプログラムで、

毎月のご負担をゼロにすることが可能です。

詳しくはお近くの店舗スタッフまでお尋ね下さいませ。 

皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

 

 

 

 

■マセラティ心斎橋/マセラティ箕面

■営業時間:10:00~19:00

■定休日:水曜日

 

 

 

 

 

 

  • hakko (2019年5月 6日 15:29)

みなさま、こんにちは

今日はMASERATIの折りたたみ自転車のご紹介です

 

IMG_0446.JPG

こちらは高さ調整機能付きハンドルステム、7段変則搭載、

タイヤは20インチ×1.75、フレームはスチールの仕様になります

 

 

カラーはメタリックブルーとメタリックホワイトの2色展開

折りたたみ時のサイズは830×610×490mm、

価格は 32,000円+TAX です

IMG_0449.JPG

お車のトランクに積み込んでおけば、

出先でのちょっとした移動手段として活躍してくれます

 

日差しも暖かくなってきたので、

いつもの行動半径をすこし広げてみてはいかがでしょうか?

新しい発見があるかも…!?

 

 

 

マセラティ心斎橋/マセラティ箕面

■定休日:水曜日

■営業時間:10:00~19:00

 

  • hakko (2019年4月15日 16:50)

Maserati Mino 5th Anniversary

 みなさま、こんにちは

日頃よりご愛顧賜り、誠にありがとうございます

2014年にオープンしたマセラティ箕面は、今年2月で5周年を迎えることとなりました

 

今回は5周年を記念して開催されたイベント、

"Maserati Mino Cafe” の様子を、少しご報告させて頂きます

 

当日はあいにくの曇り空、

3月末の土曜日、お昼間の時間帯にもかかわらず、多くのお客様にご来場頂きました

 

ショールームには

イタリア家具のトップブランド「Cassina Ixc.」のソファやテーブルが配置され、

いつもとは一味違うスタイリッシュな空間でお客様をお迎えです

_H4A8956.jpg

_H4A8952.jpg

_H4A8979.jpg

_H4A8981.jpg

_H4A8972.jpg

_H4A8961.jpg

 

 

そして、今回のカフェイベントに欠くことのできないのが"エスプレッソ”

_H4A8963.jpg

本場イタリアのエスプレッソを淹れてくださるのは

バリスタの中川直也さん

_H4A9008.jpg

イタリアエスプレッソ協会(INEI)エスプレッソスペシャリストという

すごい肩書きをお持ちなのです

イタリア・ナポリを代表するコーヒーブランド「KIMBO」のエスプレッソを

一杯、一杯丁寧に淹れてくださいます

_H4A8999.jpg

_H4A9009.jpg

_H4A9049.jpg

_H4A8953.jpg

エスプレッソの合間にイタリアンカラーのスイーツを

こちらもとってもご好評でした

_H4A8954.jpg

_H4A8967.jpg

_H4A9048.jpg

_H4A9010.jpg

 

そしてラジオDJとしてご活躍中の野村雅夫さんがスペシャルゲストとして登場

イタリア・トリノ生まれ、プライベートでもイタリア車にお乗りの野村さんが

マセラティにオススメのドライビングミュージックを紹介

みなさんとても熱心に、時々身体を揺らしながら

楽しいトークに聞き入っていらっしゃいました

_H4A9086.jpg

_H4A9100.jpg

_H4A9079.jpg

 

続いて、バリスタの中川さんがカップを手に登場

奥深いエスプレッソの楽しみ方について、わかりやすくお話し下さいました

実際に中川さんのエスプレッソを飲んで、

エスプレッソの概念が180度変わった!とおっしゃるお客様、

後日、早速エスプレッソマシンを購入されたというお客様、

うれしい反響をぞくぞくと頂いています!

_H4A9111.jpg

_H4A9064.jpg

 

最後はお楽しみ抽選会☆

_H4A9159.jpg

グリップインターナショナル様からキャディバッグなどが

_H4A9165.jpg

華やかで美味しいスイーツをご提供頂いたY Style様からはスイーツギフトが

_H4A9177.jpg

_H4A9170.jpg

Cassina Ixc.様からはルームフレグランスとカーフレグランスが

それぞれご当選されたお客様へ贈られました

 

 

お忙しい中お越し頂いたみなさま、ありがとうございました

短い時間ではございましたが、お楽しみ頂けましたようでしたら幸いです

今後ともマセラティ箕面をどうぞよろしくお願い致します

_H4A8983.jpg

 

 

 

マセラティ心斎橋/マセラティ箕面

■営業時間:10:00~19:00

■定休日:水曜日

  • hakko (2019年4月 5日 14:54)

新色「ブルー・ノービレ」

2019年モデルから導入された新色のひとつ、

「ブルー・ノービレ -Blu Nobile-」

イタリア語で「高貴な青」を意味する、艶やかで深みのあるブルーです

その高貴な青を纏ったギブリが、

ついにショールームにお目見えしました

IMG_0512.JPG

一見、青一色に見えるカラーは

光を受けて様々な色の波となり、マセラティのボディラインを美しく際立たせます

IMG_0502.JPG

内装はゼニヤ シルク × タンレザー

上品で洗練された空間が、マセラティの世界観を語りかけてくるようです

 

 

色の深み、シートの硬さや質感、ステアリングを握った時の感触や

エンジンサウンドに包まれる瞬間など、

写真でお伝えしきれない魅力をぜひショールームで

見て、触れて、感じていただければと思います

みなさまのお越しをお待ち致しております

 

 

マセラティ心斎橋/マセラティ箕面

■営業時間:10:00~19:00

■定休日:水曜日

 

  • hakko (2019年3月10日 15:14)