技の紹介

八光カーグループの鈑金塗装工場は大阪府下にありながら500坪を超える大規模拠点です。
数々の最新設備と全支店間オンライン管理システムにより、
お預かり時のお見積もりから各作業工程の進捗、予定等が常にチェックできます。
ここでは、一部の設備のご案内を致します。

  1. 塗料

    新車時と同じ水性塗料で
    最高のクオリティーを実現。

  2. オリジナル
    塗装ブース4機

    半導体製造装置メーカーによる
    完全オリジナル塗装ブース。

  3. フレーム修正機

    車両の寸法表に合わせて
    ミリ単位で正確な修正が可能。

  4. 4輪ホイール
    アライメント

    瞬時に4輪の整列状態を分析し測定が可能。

  5. ホイールバランサー

    タイヤから発生する
    症状の原因を診断し解決。

  6. タイヤチェンジャー

    大きなインチ数のタイヤも
    楽々交換が可能。

  7. アルミニウム、
    カーボンファイバー
    専用ルーム

    樹脂系フレームや部品に柔軟に対応。

  8. CONTACT

    まずはお気軽に
    お問い合わせください。

技の紹介について更に詳しく見る

塗料

新車時と同じ水性塗料で最高のクオリティーを実現。

有機溶剤の塗料から水性塗料に全面変更しました。水性塗料への変更の理由は、人や環境への配慮からです。近年、塗料メーカーも自動車補修用水性塗料を市場に投入していますが、実際に採用しているボディショップは多くありません。大きな設備投資や技術習得に時間かかるという理由などが、水性塗料の普及を遅らせています。

八光ボディ テクニカル センターでは、グループ会社が取り扱うフィアット、アルファロメオ、ジャガー、ランドローバー、アストンマーティン、マクラーレンの各社が指定する塗料のPPG、スタンドックス、RM、シッケンズの4社ブランドを採用しました。我々は数々のトレーニングと経験を積み重ねて、新車時と同じ水性塗料で最高のクオリティーを実現できるようになりました。

オリジナル塗装ブース4機 (大型2機、中型1機、移動式1機)

半導体製造装置メーカーによる完全オリジナル塗装ブース。

精度の高い塗装クオリティーを実現するために、従来の塗装ブースメーカーではなく、半導体製造装置メーカーによる完全オリジナル塗装ブースを制作しました。もちろん、八光カーグループの取り扱いブランドの認定リペア工場に対応する設備となっており、規定照度と、水性塗料の塗装を効率よく行うための冷暖房を設置しています。

また、ブース内の車両移動はレールを利用して横方向にすることで、簡単に手押しで車両移動ができ、「マスキング(塗装前の下準備)」→「塗装」→「乾燥」が並行して効率よく行えるようになり、大きな時間短縮と生産性向上を実現しました。中型ブース、移動式ブースでは、ミラー、バンパー、ドアなどコンパクトな部品を塗装、乾燥させる事ができます。大きさと機能の異なるブースを使い分けることで省エネ効果と作業効率をあげます。

フレーム修正機

車両の寸法表に合わせてミリ単位で正確な修正が可能。

GLOBAL JIG(Super Tarox イタリア製)
CELETTE(Seven Bench フランス製)

これら2基のフレーム修正機を導入することにより、アストンマーティン、マクラーレンをはじめ弊社取扱いブランド各社のボディリペア工場の認定を受けております。
グロ−バルジグは、全てのジグが上下・左右・前後と三次元に、そして自由自在にジグを動かし1台1台違う車両の寸法表に合わせてミリ単位で正確な修正が可能です。

セレットは車種別に用意された専用アタッチメントをフレーム設計図(寸法図)に指定された通りに台車(ベンチ)へセットするだけで寸法出しは完了し、車体側のフレ-ムの穴に挿していく事により前後・左右・高さの位置を正確に把握し修正します。

4輪ホイールアライメント

瞬時に4輪の整列状態を分析し測定が可能。

HUNTER社製 Hawk Eye Elite

タイヤにワンタッチで取り付けるコンピューターとカメラセンサーで瞬時に4輪の整列状態を分析し測定が可能なシステム。精度も高く、バランサーと組み合わせる事で最高の乗り心地を提供できます。

どんな車種でも計測可能で最新鋭のカメラセンサ−を装備しており瞬時に4輪の状態を計測、各車輪の位置ズレ、車体と車輪のオフセットや車体のねじれを測定して、フレ−ム修正機の必要性の診断や修正後の完成検査を敏速で確実に行えます。

ホイールバランサー

タイヤから発生する症状の原因を診断し解決。

ホイールバランサーは、
1.ホイルバランス測定
2.ラジアルフォ−ス測定(設置方向)
3.ラテラルフォ−ス測定(横方向)
などが測定できるバランサーです。

タイヤから発生する横流れ、バンドル振れ、足回りの振動などの症状の原因を診断し解決します。
従来のバランサーとは異なり、走行中のタイヤの変形まで測定するロードフォース測定ができることも特徴です。

タイヤチェンジャー

大きなインチ数のタイヤも楽々交換が可能。

SICE社製 S300

非常に作業が困難なランフラットタイヤ(超扁平タイヤ)や、大きなインチ数のタイヤも楽々交換が可能。ビ−ド落とし、タイヤ取り外し、組み付けの工程をジョイステックで簡単操作できます。

リムランアウト測定といい、タイヤとホイ−ルの接地面の変形測定も行い、過剰な変形が見られる場合は、タイヤとのマッチングを判断して修正し、1番良い状態を作り出すことができます。

アルミニウム、
カーボンファイバー専用ルーム

樹脂系フレームや部品に柔軟に対応。

アルミニウムやカーボンファイバーの切削修理作業は個室で行う必要があります。 密閉された防爆仕様の室内にエアコンと粉塵処理、排気処理の設備を施しました。

また、アルミニウム溶接機、スタッド溶接機(凹みを引っ張り出す機器)による様々な作業に対応しております。 今後需要が増えてくるであろう樹脂系フレームや部品に柔軟に対応してまいります。

お気軽にお問い合せください

お客様へ最高水準のサービスをお届けする、
スペシャリスト集団です。
一般整備では解決しにくいお悩みにお応えいたします。