vol.56 ー 2011.8.8

被災地の一日も早い復興を深く祈念致します。


■スターリング・モス アストンマーティンCYGNETのオーナー第1号に

p01-02

2011年7月12日、アストンマーティンDB3SやDBR1モデルとともにルマン24など数々のレースで名を馳せたスターリング・モス氏は奥様スージー夫人の誕生日にアストンマーティンCYGNETをプレゼントされました。
サプライズ・プレゼントされたこのCYGNETは、モス氏のこだわりが表現された1台で、ボディカラーはDBR1のワークス・カラーを思わせるアストンマーティン・レーシング・グリーンで塗装され、インテリアはシルバーのステッチにオブシディアンブラックのレザーで仕上げられています。CYGNETはエクステリアだけでなく、インテリアもプレミアムレザーをふんだんに使用し、スポーティでありながらラグジュアリーな仕上がりで、マイクロカーであることを忘れさせてくれます。
動力性能を発揮することが難しい都市部においても、アストンマーティンの特性と価値を堪能できる理想的な1台となっています。


■Ennstal Classic 2011

p02-02

2011年7月12日〜16日オーストリアでクラシックカーラリーイベント‘Ennstal Classic 2011’が開催されました。
アストンマーティンのチームはオーストリア、ドイツ、イングランド、スイスより10台参加しました。
7月13日にはアストンマーティンCEOのDr.Ulrich Bezがイベントスタート時、DB2/4 Mark IIで登場しました。アストンマーティンDB2/4 Mark IIはDr.Ulrich Bezのプライベートコレクションであり、1956年に登場したモデルです。1952年に登場したDB3は180馬力で生産台数が10台のみです。1963年から生産されたLagonda Rapideは生産台数わずか55台の4ドアサルーンで48台が現存します。DB5はEnnstal Classicに3回参加しています。
Ennstal Classicはモータースポーツイベントのなかで最もよく知られているイベントのひとつで、今年は15ヶ国、225チームが参加しました。来年はどのようなクラッシクカーが登場するのか楽しみです。

Ennstal Classic 2011アストンマーティン参加モデルとチームの出場国
・Aston Martin DB2/4(ドイツ)
・Aston Martin DB2/4 MarkII(ドイツ)
・Aston Martin DB2/4 MarkIII(オーストリア)
・Aston Martin DB2/4 DHC(スイス)
・Aston Martin DB3(ドイツ)
・Aston Martin DB5(ドイツ)
・Aston Martin DB5(イングランド)
・Aston Martin DB5(イングランド)
・Aston Martin DB6(ドイツ)
・Lagonda Rapide(スイス)

p02-01

■Virage Premiere Night開催

p03-01

去る7月16日(大阪ショールーム)・7月23日(名古屋ショールーム)にて、Virage Premiere Nightを開催いたしました。
新色マダカスカルオレンジのVirageを展示し、多くのお客様がお越しくださいました。
アストンマーティンのPower・Beauty・Soulを実感していただくために、和太鼓のパフォーマンスとのコラボレーションを披露しました。

p03-02 p03-03

アストンマーティン大阪八光
〒550-0014大阪市西区北堀江1-19-1
Tel:06-6531-0078
mail:astonmartin-osaka@hakko-group.co.jp

アストンマーティン名古屋八光
〒460-0007名古屋市中区新栄2-44-20
Tel:052-242-0888
mail:astonmartin-nagoya@hakko-group.co.jp


logo_hakko

アストンマーティンラゴンダ社正規ディーラー 八光エルアール株式会社


メールマガジンを配信停止されるお客様は、
誠にお手数ですが、下記からお申し出下さいますようお願い致します。

メールマガジン配信停止

※上記をクリックすると自動的にメーラーが立ち上がります。
何も記入せず、そのまま送信してください。