号外 ー 2012.10


■ASTON MARTIN RACING IN 2012
アストンマーティン富士6時間耐久レース参加のお知らせ

p01-01

フランスサルトサーキットでのLe Mans24時間耐久レース、ドイツのニュルブルクリンク24時間耐久レースなどで活躍したV8 Vantageが、10月14日に開催される富士6時間耐久レースに出場することが決定いたしました。
富士6時間耐久レースはWEC=World Endurance Championship(世界耐久選手権)の第7戦にあたるレースで、日本でアストンマーティンのレース走行が見られる数少ない機会です。12日(金)は終日フリー走行、13日(土)が予選となっており、アストンマーティンは今回LMGTEクラスでの出場となります。14日(日)の決勝は11時スタートとなっておりますので、この機会に現地で体感してみるのはいかがでしょうか。空気を突き破って目の前を疾走する衝撃には言葉を失ってしまい、より一層アストンマーティンの魅力に浸って頂けること間違いなしです。

ここで少しアストンマーティンレーシングの歴史を振り返ってみましょう。アストンマーティンが国際的なレースデビューをはたしたのは1923年のフランスGPでした。その後、1957年のベルギーGP、1958年のグッドウッド・ツーリスト・トロフィーで栄冠を勝ち取るだけでなく、ついに1959年のLe Mans24時間耐久レースで輝かしい功績を残すのです。そのときのドライバーがロイ・サルヴァドーリとキャロル・シェルビーです。その歴史的な勝利の後、40年以上もの間レースカーとしてのアストンマーティンの存在が世間から忘れられていました。そして2004年、アストンマーティンとプロドライブが協力し、アストンマーティンを再びスポーツカーとしての成功へ導くためにレーシングチームを作り上げました。それが現在のアストンマーティンレーシングチームです。
2007年、その二つのパートナーシップは、チームにLe Mansでの初勝利をもたらしました。1959年の初勝利以来、約50年ぶりにGT1クラスDBR9で栄冠を勝ち取りました。

あれから5年、アストンマーティンレーシングは新しい車両で挑戦を続けています。今年2012年はNew V8 Vantageでのレース出場を重ね、各レースで輝かしい成績を残しています米12時間耐久レース 3位入賞、仏Le Mans24時間耐久レース 3位入賞、英シルバーストーン6時間耐久レース 3位入賞、ブラジルサンパウロ6時間耐久レース 2位入賞など。
14日の富士6時間耐久レースではいったいどんな走りを見せてくれるのでしょうか。
富士6時間耐久レース決勝は当日生放送でのテレビ放映が予定されております。現地に出向く時間がないという方も、是非テレビでアストンマーティンの勇姿を見届けませんか。

p01-02

アストンマーティン大阪八光
〒556-00223大阪市浪速区稲荷1-9-22
Tel:06-4392-1085
mail:astonmartin-osaka@hakko-group.co.jp

アストンマーティン名古屋八光
〒460-0007名古屋市中区新栄2-44-20
Tel:052-242-0888
mail:astonmartin-nagoya@hakko-group.co.jp


logo_hakko

アストンマーティンラゴンダ社正規ディーラー 八光エルアール株式会社


メールマガジンを配信停止されるお客様は、
誠にお手数ですが、下記からお申し出くださいますようお願い致します。

メールマガジン配信停止

※上記をクリックすると自動的にメーラーが立ち上がります。
何も記入せず、そのまま送信してください。