vol.007 ー 2007.05.01

■Information
  ついに完成!
西日本のアストンマーティンを一手にお引き受けする八光のサービスセンターが、 まもなく設立50年を迎える本社社屋をリニューアルして誕生しました。全世界統一の アストンマーティンCI に沿い、ブラック、ホワイト、グレーを基調としたエレガン トな工場です。整備作業をお待ちいただく間には、レセプションルームからお車の様 子をゆったりとご確認いただけます。スタッフ一同また新たな気持ちでお迎えしま す。お会いできることを楽しみに、お待ちしております!


   
     

■Report
   
     
  V8 Vantageのスポーツシフトならびにロードスターをお待ちいただいているお客様、 お待たせいたしました。 先日、イギリスのミルブルック・テストコース、およびバッキンガムシャー周辺の市 街地&モーターウェイにて デモンストレーションをして参りました。 感想は…『非常にかしこくて、よく出来 た車』です。 新しく開発された"S-カム"と呼ばれる最新のテクノロジーによって驚く程、早い変速 スピードで ぐんぐん加速していきますし、 センターフェイシア上のスイッチでコンフォートモードに切替えれば、やさしく、な めらかな変速に切替える事も可能です。 また、従来のセミATのように自動変速モードで走行中も不快なシフトショックや ぎ くしゃく感、タイムラグを感じる事は、ありません。 さらに、他社に先がけて初めて搭載されるクロール機能によって、まるでオートマ チック車のようなクリープ現象が作り出されるます。

V8 Vantageのクーペとロードスターは、実は乗り心地が、違います。 一般的にコンバーチブルボディの車体は、クーペボディに比べて剛性が劣るため車の パフォーマンスには、限界があります。

しかし、アストンマーティンのシャシーエンジニアは、クーペボディと同様、ダイナ ミックなパフォーマンスを提供できる車に仕上げました。 ホディのロールを維持するため、スプリングの、ばねレートをフロントで14%、リア で16%硬くしました。 ダンパーも、ロードスターのパッケージに合うようにセッティングされ、マウントラ バーも新設計、フロントサスのバンプストップもショート化されています。

実際に日本でご試乗いただけるには、少し時間がかかりますが、皆様から、引き続き 多数のオーダーを頂いております。 ぜひともお急ぎください。 間違いなくすばらしい車である事は、実証済みです!!
 

■イギリス旅行記
     
 
     
  研修後にロンドン市内を散策する機会があり、何台かのアストンマーティンに出会 うことができました。まず初めはテムズ河から少し北へ入った首相官邸や外務省など の政府庁舎がならんでいるところに、世界でも99台しか存在しないDB7Zagatoが停 まっていました。Onyx BlackにRedキャリパーで内装は真っ白と、その風景の中でも 飛びぬけた存在感を表しておりました。その後ロンドン市内でも有数のブランド ショップが並ぶボンドストリートを歩いていると、独特のエキゾーストノートが響い てきました。振り返るとそこにはシルバーのVanquishが、ロンドンの町並みにすっか り溶け込んでおりました。その後も黒のV8Vantageや颯爽と走り抜ける赤の DB9Volante(写真も撮れませんでした)に遭遇しましたが、ロンドンっ子いわく1日 でこれだけのアストンマーティンに出会うことも珍しいようです。同じイギリス車で あるランドローバーやベントレーが通ってもロンドンっ子は全く振り向きませんが、 昨年度イギリスで最もクールなブランドに選ばれたアストンマーティンは、イギリス 人の中でも特別な存在のようです。  

アストンマーティンラゴンダ社正規ディーラー
八光エルアール株式会社
アストンマーティン大阪八光
〒550-0014大阪市西区北堀江1-19-1
TEL:06-6531-0078
mail:astonmartin-osaka@hakkso-group.co.jp


メールマガジンを配信停止されるお客様は、
誠にお手数ですが、下記からお申し出下さいますようお願い致します。

メールマガジン配信停止

※上記をクリックすると自動的にメーラーが立ち上がります。
何も記入せず、そのまま送信してください。