vol.74 ー 2013.5


■水素ハイブリッド搭載のRapide S登場

p01-01

2014年モデルのアストンマーティン 「Rapide S」をベースとし、燃料に水素とガソリンが併用できるハイブリッドシステムを搭載したレーシングカーが登場しました。「ハイドロゲン ハイブリッド Rapide S」と名付けられたこのレーシングカーは、5月に開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レース出場用として開発された車両です。
一切CO2を排出することなく1ラップを走行する計画もあるようです。二酸化炭素を排出せずに走行するというのはレースカーとしては前代未聞です。
このRapide Sはガソリンのみを使用するモード、水素のみを使用するモード、そしてその両方をブレンドするモードの3種類のモードが存在し、状況に応じて自動で選択されます。もちろん、水素のみを使用する場合CO2排出量はゼロとなり、ガソリンと水素をブレンドすることでも確実にCO2排出量を削減できます。
このハイドロゲン ハイブリッド Rapide Sですが、過去3度アストンマーティンワークスドライバーとして参戦した桂 伸一氏が、今年4度目のニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦でハンドルを握ることが発表されています。桂氏は過去アストンマーティン大阪八光のリニューアルオープニングイベントや、名古屋八光のVanquishローンチパーティにご出席頂いたこともあり、オーナー様にも今回の参戦を興味深くご覧いただけるのではないでしょうか。
全く新しいハイドロゲン ハイブリッド Rapide Sと日本人ドライバーの活躍に、アストンマーティンファンのみならず期待が高まります。
なお、このハイドロゲン ハイブリッド Rapide Sが市販化される予定は今のところございませんが、将来このようなクリーンエネルギーで、環境にも良いスポーツカーの市販車登場も夢ではないのかもしれません。

p01-02

■V12 Vantage 生産終了のお知らせ

p02-1

これまで皆様にご愛顧頂きましたV12 Vantageが、本国イギリスにおいて生産終了が決定致しました。
V12 Vantage は2009年に登場し、6.0リッターV12エンジンを積むMT設定のみの個性あふれるお車として皆様に親しまれてきましたが、1000台限定の生産台数に達し生産終了の運びとなりました。
昨年には101台限定でV12 Vantage Roadsterも登場致しましたが、すぐに完売となりました。
いつもファンをワクワクさせてくれるアストンマーティンの今後の新たなる車種登場に期待が高まります。


■アストンマーティンコレクション 100周年記念グッズ入荷

日頃よりご愛顧頂いておりますアストンマーティンコレクションに、アストンマーティン創立100周年を記念したグッズが登場致しました。

p03-1

■Centenary Teddy Bear
通常ラインナップとして大変人気の高いTeddy Bearの100周年バージョンです。通常のTeddy Bearより一回り大きい25cmサイズで、100周年のロゴ入りのTシャツを着用しています。毛並もフワフワで手触りも抜群です。

p03-2

■Centenary Pen
カーボンファイバー模様のボールペン。
持ち手部分に100周年ロゴがプリントされており、回すと芯が出てくる仕様です。こちらは専用ケース付属です。

p03-3

■Centenary Mug
陶器製で、白地に100周年のロゴがプリントされています。日常使いにぴったりなシンプルなデザインです。

p03-4

■Centenary Keyring
100周年ロゴのプレートがついたキーリングです。リングが大きく、カギやチャームなどたくさんつけられます。

ほかにもマウスマットやLanyardなど、続々と登場しますので次回入荷を楽しみにお待ちください。


■Information

bnr_130511open-close

アストンマーティン大阪八光
〒556-00223大阪市浪速区稲荷1-9-22
Tel:06-4392-1085
mail:astonmartin-osaka@hakko-group.co.jp

アストンマーティン名古屋八光
〒460-0007名古屋市中区新栄2-44-20
Tel:052-242-0888
mail:astonmartin-nagoya@hakko-group.co.jp


logo_hakko

アストンマーティンラゴンダ社正規ディーラー 八光エルアール株式会社


メールマガジンを配信停止されるお客様は、
誠にお手数ですが、下記からお申し出くださいますようお願い致します。

メールマガジン配信停止

※上記をクリックすると自動的にメーラーが立ち上がります。
何も記入せず、そのまま送信してください。