vol.76 ー 2013.7


■アストンマーティンVanquish Volante発表

p01-01

6月19日、アストンマーティンラゴンダリミテッドは新たにアストンマーティンVanquish Volanteを発表致しました。
昨年秋に発表されたVanquish Coupeとともに、アストンマーティンのスポーツカー・ラインナップの頂点に位置するフラッグシップモデルです。Coupeと同じく新開発の「AM11」6.0リッターV12エンジンを搭載し、圧倒的なパフォーマンスを実現します。最高出力565bph、最大トルク620Nm、0-100km/hはわずか4.3秒で、最高速度は295km/hに達します。
また、このVanquish Volanteは、アストンマーティン100年の歴史の中で初となるフル・カーボンファイバーのコンバーチブル・モデルです。Volante最大の特徴の幌は、トリプルレイヤー軽量ファブリック・ルーフで、わずか14秒で折りたたまれます。また、ウィンドウスクリーンは、アストンマーティン史上初めてフルハイト仕様となりました。ガラス面がファブリック・ルーフとの接合ポイントまで伸びたことにより、ウィンドウスクリーンからルーフラインへと滑らかにつながる面構成となっております。DBS Volanteと比べると、その違いがはっきりわかります。

p01-02

フル・カーボンファイバーによる車両重量1844Kgの軽量ボディ、最新鋭の空力処理が施されたボディデザインには、よりスムーズな走りを実現するための条件がそろっています。
新型Vanquish Volanteのデビューについて、アストンマーティンCEOのDr.ベッツは次のように述べています。
「アストンマーティンは、2013年に記念すべき設立100周年を迎えました。究極のVolanteともいうべき新型スポーツカーは、次の100年によりいっそうの成功を目指しているアストンマーティン・ブランドにとって、最高のスタートになるでしょう」

アストンマーティン新型Vanquish Volanteは現在オーダーを承っております。アストンマーティン初のフル・カーボンファイバーのコンバーチブル・モデルを是非お客様自身で体感してください。
第1号車は2013年末に日本導入予定です。価格や仕様など本モデルの詳細情報につきましては、アストンマーティン大阪八光、アストンマーティン名古屋八光までお問い合わせください。


■新モデル アストンマーティン V12 Vantage S発表

p02-1

5月29日、新モデルV12 Vantage Sが発表となりました。
「AM28」という全く新しいエンジンを搭載したこのV12 Vantage Sは、One-77を除いて、アストンマーティン史上最高のパフォーマンスを誇ります。
V12 Vantageの後継モデルとして位置づけられますが、その中身は前モデルと比べ格段にパワーアップされました。「AM28」と呼ばれる新世代エンジンは、新たにボッシュ製エンジンマネジメントを採用することにより、最高出力573PS/6750rpm、最大トルク620Nm/5750rpmを実現。V12 Vantageと比較するとそれぞれ56ps、50Nmの向上となり、0-100km/hの結果も3.9秒と、One-77を除いて史上最速のデータが発表されています。さらに最高速度は330km/hで、強化されたエンジンがいかにハイパフォーマンスであるかということがうかがえます。
また、前モデルでは6速マニュアルトランスミッションのみの設定だったものが、今回新たに7速スポーツシフトIIIオートメイティッドマニュアルトランスミッションを採用。高回転時にもスムーズなギアチェンジを可能にし、エンジンのパフォーマンスを最大限に引き出します。なお、これによりマニュアルトランスミッションの設定はなくなりました。
そして、エクステリア、インテリア面にも新しい仕様が採用されています。エクステリア面では、ニュルブルクリンク24時間耐久レースでお披露目されたコンセプトカーCC100と同じ、メッシュとカーボンファイバーを組み合わせたフロントグリルが標準装備。今までにない全く新しいフロントデザインとなっております。インテリア面では、標準仕様にいくつか変更がございます。より居住性を高めたシート(スポーツシート、ライトウェイトシート)は、シートのセンター部分に1本のレザーラインが施されます。こちらはシートレザーと同じくお色を自由にお選び頂けます。また、ドアプルは従来のピアノブラックからカーボンファイバー製へと変更され、標準のカーボンファイバーフェイシアとの協調性をもたせました。さらに、エアバッグリングはシルバーからブラックへ、空調排出口はシルバーからグラファイトへと変更されるなど、ダーク色を基調としたよりスポーティーで高級感あふれる内装に仕上がっております。
エンジン、エクステリア、インテリア全てにおいて新しく生まれ変わったV12 Vantage Sを、是非お客様自身で体感されてみてはいかがでしょうか。
アストンマーティンのオーダー車はエクステリアカラーやレザーカラーはもちろん、細部に施されるステッチのお色などもお客様のお好みに合わせて仕様設定を承ります。世界に1台のお客様だけの車両を是非オーダーされてみてはいかがでしょうか。V12 Vantage Sは6月25日よりオーダー可能となっております。詳細な仕様やオーダーに関するお問い合わせは、大阪八光・名古屋八光各ショールームまでお願い申し上げます。

p02-02

■第11回「2013徳島輸入車ショウ」出展のご案内

昨年は多くの輸入車メーカーが出展し、計70台もの輸入車が集った四国最大級の輸入車ショウ。今回第11回目の開催となる「2013徳島輸入車ショウ」に、アストンマーティンが初出展致します。
展示車両はアストンマーティン唯一の4ドアのあの車種。4月にマイナーチェンジしたばかりのニューフェイスを展示致します。是非ご来場ください。

【第11回「2013徳島輸入車ショウ」概要】
会場:アスティとくしま 多目的ホール
入場料:無料
日時:7月6日(土)10:00-18:00
   7月7日(日)10:00-17:00

詳細はホームページをご覧ください。
皆様のご来場を心よりお待ち致しております。

p03-01

■ルマン24時間耐久レース結果発表

p04-01

第81回ルマン24時間耐久レースが開催されました。
今年もアストンマーティンレーシングよりGTE Proに3台、GTE Amに2台がエントリーしました。

【予選】
アストンマーティンの強さが際立ち、GTE Proのカテゴリーで1位、2位を独占。もう1台も5位の結果に。GTE Amでも1位、3位と上位をアストンマーティンが独占する結果となりました。

【決勝】
アストンマーティン勢が上位スタートで始まった雨天の決勝レース。Amクラスでトップスタートの1台がクラッシュするアクシデントに見舞われるなど3台がリタイア。Proのカテゴリーで1台が3位、Amのカテゴリーで1台が6位という結果に終わりました。

今回レーシングカーのベースとして使われているのが皆様にお馴染みのV8 Vantageです。今回のレースでも高速走行や耐久性の面で素晴らしい性能を見ることができたと思います。別項にもありますが同じVantage RangeのフラグシップモデルとしてV12 Vantage Sも登場したアストンマーティンのラインナップを大阪、名古屋各ショールームでお楽しみください。

訃報
23日の決勝レース中の事故でGTE Am95号車ドライバーのアラン・シモンセン選手がお亡くなりになられました。アストンマーティンファミリーとしてシモンセン選手のご冥福をお祈りいたします。


アストンマーティン大阪八光
〒556-00223大阪市浪速区稲荷1-9-22
Tel:06-4392-1085
mail:astonmartin-osaka@hakko-group.co.jp

アストンマーティン名古屋八光
〒460-0007名古屋市中区新栄2-44-20
Tel:052-242-0888
mail:astonmartin-nagoya@hakko-group.co.jp


logo_hakko

アストンマーティンラゴンダ社正規ディーラー 八光エルアール株式会社


メールマガジンを配信停止されるお客様は、
誠にお手数ですが、下記からお申し出くださいますようお願い致します。

メールマガジン配信停止

※上記をクリックすると自動的にメーラーが立ち上がります。
何も記入せず、そのまま送信してください。