ASTON MARTIN HAKKO - アストンマーティン大阪八光、アストンマーティン名古屋八光

NEWS

アストンマーティン、AM-RB 001のテクニカルパートナーを発表

170217AM-RB001

2017年2月15日、野心的なハイパーカー、AM-RB 001のデザイン&エンジニアリング作業を順調に進めるアストンマーティン、レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズ、およびプロジェクトパートナーのAFレーシングは、同モデルに関する主要テクニカルパートナーを発表しました。

選択されたテクニカルパートナーは、アストンマーティンおよびレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズのブランド哲学に従い、他の追随を許さない専門知識を有するだけでなく、パフォーマンスの限界を打ち破ろうという強い意思を持った企業です。アストンマーティン・バイスプレジデント兼チーフ・スペシャル・オペレーションズ・オフィサーのデイビッド・キングと彼が率いるチームは、レッドブル・レーシングのチーフ・テクニカル・オフィサー、エイドリアン・ニューウェイとともに、公道走行可能なクルマのパフォーマンスを改めて定義するハイパーカーの製作に取り組んでいます。

アストンマーティンの心臓部とは、エンジンであることに疑いの余地はありません。AM-RB 001であればなおさらでしょう。そこで伝説のエンジンビルダー、コスワースに白羽の矢を立てました。F1をはじめとするモータースポーツでその名を知られ、量産用ハイパフォーマンス・エンジンの製作でも長い経験を持つこの英国企業は、AM-RB 001専用の高回転型6.5リッター自然吸気V12エンジンの設計と製作を担当します。

コスワース製オールニュー・ユニットと組み合わされるのは、同じく専用設計の7速パドルシフト・トランスミッションです。リカルドがレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズの仕様に合わせて設計開発したギアボックスは、コスワースV12にとって理想的なパートナーです。ギリギリまで贅肉を削り落として最高レベルの効率を追求する究極のハイパーカーを製作するという信念、そしてレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズの綿密なシミュレーションの下、リカルドはニューウェイ独自の妥協なき世界観を具体化するための高度なエンジニアリング・ソリューションを提供します。

AM-RB 001のV12エンジンは、公道走行可能な究極の内燃機関です。アストンマーティンとレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズは、これだけでは満足せず、リマック製ハイブリッド・バッテリー・システムを採用します。クロアチアに本拠を置く同社は、ハイパフォーマンス・バッテリーの世界的リーダーであり、世界初(同時に世界最速)の電気自動車ハイパーカー、コンセプト-ワンにおいて、自らの実力と可能性を証明しました。

究極の軽量化を追求するAM-RB 001には、カーボンファイバー・モノセルが採用されます。このセルの製作担当は、One-77、アストンマーティンVulcanなどのプロジェクトでもテクノロジーパートナーを務めたマルチマティックです。同社の経験とレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズがF1世界選手権で得た設計・製作の知識が相まって、究極のボディセルが生み出されます。

1:1の驚異的なパワーウェイトレシオを標榜するAM-RB 001には、パワートレーンの能力を超えるブレーキング・システムが必要です。アルコンとサーフェス・トランスフォームズの2社が強力なタッグを組み、軽量ハイパフォーマンス・キャリパーとカーボンディスクを供給、圧倒的なストッピングパワーを生み出します。

さらに、効率、パフォーマンス、ダイナミック・コントロールのすべてにおいて最高峰を追求するため、専用エンジン・コントロール・ユニット(ECU)、トラクション・コントロール・ユニット(TCU)、エレクトロニック・スタビリティ・プログラム(ESP)システムの開発には、エレクトロニクス分野における高い専門知識を持つボッシュが指名されました。また、AM-RB 001のフルLEDヘッドランプ/テールランプは、英国のライトメーカー、ワイパックが供給します。

レッドブル・レーシング・チーフ・テクニカル・オフィサーのエイドリアン・ニューウェイは、AM-RB 001プロジェクトを支援するテクニカルパートナーについて、次のように述べています。
「AM-RB 001のようなクルマをデザイン、エンジニアリング、製作するには、F1と同レベルのチームワークが要求されます。最高の仕事をするためには、自分の周囲に最高の人材を揃えなければなりません。プロジェクトのすべての側面に、確かな経験、創造力、エネルギー、勤勉さ、プロフェッショナリズムが存在する必要もあります。今回のように素晴らしいパートナーに恵まれると、心強いと同時に新たなやる気を駆り立てられます。我々は力を合わせて、革新的なエンジニアリングの芸術作品を生み出すという目標を実現します。」

アストンマーティン・バイスプレジデント兼チーフ・スペシャル・オペレーションズ・オフィサーのデイビッド・キングは、次のようにコメントしています。
「AM-RB 001の実現には、多くの困難が伴います。プロジェクトに関わる全員がその実力と可能性を試されます。しかしながら、このクルマとともに自動車の既成概念を打ち破ろうとするのですから、困難があって当然でしょう。だからこそ、このプロジェクトが特別なのであり、適切なテクニカルパートナーと組むことが重要なのです。今回のパートナーには、長年仕事をともにしてきた企業もあれば、新たなパートナーも存在します。新たな関係を築くか、これまでの関係を強化するかにかかわらず、AM-RB 001プロジェクトは、我々全員にとって非常に魅力的なエンジニアリング・アドベンチャーです。」

AM-RB 001の公道バージョンの製作台数は、プロトタイプを含めて最大でも150台に限定され、これに25台のサーキット専用バージョンが追加されます。AM-RB 001の納車は、2019年からを予定しています。

PAGE TOP

  • VEW ALL CARS - 取り扱い車種一覧
  • NEWS - ニュース
  • BLOG - ブログ
  • APPROVED CARS - 認定中古車
  • SHOWROOM - ショールーム
  • SERVICE CENTRE - サービスセンター
  • COLLECTION - アストンマーティンコレクション
  • MAIL MAGAZINE - メールマガジン
  • CONTACT US - お問い合わせ
  • SITE MAP - サイトマップ
  • RECRUITMENT - 採用情報
  • COMPANY INFORMATION - 会社概要
  • PRIVACY POLICY - プライバシーポリシー