ASTON MARTIN HAKKO - アストンマーティン大阪八光、アストンマーティン名古屋八光

NEWS

アストンマーティン、非常に好調な第1四半期の業績を報告

5月24日、アストンマーティン・ホールディングス(英国)リミテッドは、記録的な第1四半期の業績を発表しました。フラッグシップモデルとなるDB11の好調な受注により、売上高は前年同期の9,260万ポンドから2倍以上となる1億8,830万ポンドへ増加、税引き前利益も前年同期の2,970万ポンドの赤字から590万ポンドの黒字へ転換しました。

DB11およびその他の特別モデルに対する高い需要に加え、流動性を高めて借入コストを削減し、財源を増やすための5億5,000万ポンドの借り換えも完了しました。その一方で、ブランドの信頼性と認知度が高まったことにより、英国と中国を中心に好調な販売を記録し、市場シェアが高まっています。

170526Aston_Martin-DB11

アストンマーティン社長兼最高経営責任者(CEO)のDr. アンディ・パーマーは、次のように述べています。「グループは今年、力強いスタートを切りました。私たちは、"第二世紀"変革プログラムを進め、持続可能な収益力の強化に取り組んでいます。新型VantageとVanquishを含め、今後登場するニューモデルの数々は、成長をさらに加速させることになるでしょう。この成長は、当社の健全な財務基盤に加え、ラグジュアリーカーの生産において、英国で大きな成功を収めてきた事業ノウハウに支えられています。」

第1四半期における、利息、税金、減価償却費および償還費(EBITDA)計上前の調整後利益は4,300万ポンドに増加し、EBITDAマージンは23%となりました。販売が好調な背景には、英国およびヨーロッパ本土における販売台数の急激な増加が挙げられます。販売台数は前年同期比75%増となる1,203台となりました。

これにより、アストンマーティンは、2017年通期の売上高は8億ポンド以上、EBITDAは1億7,000万ポンドまたはそれ以上に増加すると予測しています。販売台数は、2016年の3,687台から30%以上増加すると見込んでいます。

アストンマーティンは、第1四半期にハイパフォーマンスモデルのAMRラインナップに加え、Red Bull Vantage S Racing Editionを含む特別限定モデルを発売し、事業の拡張計画を進めています。

アストンマーティンは、同社の継続的な変革の一環として、2022年を満期とする5億5,000万ポンドの優先証券の引渡しを完了しました。利息は、満期で米ドル建てPIK債券10.25%および社債9.25%に対して、ドル・トランシェで6.50%、スターリング債で5.75%です。

エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高財務責任者(CFO)のマーク・ウィルソンは、次のように述べています。「借り換えにより、年間の利息が1,000万ポンド以上削減され、資本構成が強化される見込みです。当社は現在、業績が改善したことにより、今後の成長を続けるための堅固な財務基盤を有しています。」

PAGE TOP

  • VEW ALL CARS - 取り扱い車種一覧
  • APPROVED CARS - 認定中古車
  • BLOG - ブログ
  • NEWS - ニュース
  • SHOWROOM - ショールーム
  • SERVICE CENTRE - サービスセンター
  • COLLECTION - アストンマーティンコレクション
  • MAIL MAGAZINE - メールマガジン
  • CONTACT US - お問い合わせ
  • SITE MAP - サイトマップ
  • RECRUITMENT - 採用情報
  • COMPANY INFORMATION - 会社概要
  • PRIVACY POLICY - プライバシーポリシー