ASTON MARTIN HAKKO - アストンマーティン大阪八光、アストンマーティン名古屋八光

NEWS

アストンマーティン、DB11にスポーティなV8エンジン搭載モデルを追加

170629astonmartin-V8-Powered-DB11

2016年に発表されたDB11は、世界中で非常に高い評価を得ています。今回、このアストンマーティンの主力GTモデルに、4.0リッター・ツインターボV8エンジンを搭載したモデルが追加されました。新しいパワーユニットは、DB11のスポーティなキャラクターを強調する一方で、卓越したパフォーマンスと優れた効率を組み合わせることで、グローバル・モデルとしての魅力をさらに高めています。これにより、DB11は、既存の5.2リッター・ツインターボV12エンジンと共に、極めて魅力的な2つの選択肢をお客様に提供することになります。

V8エンジンを搭載したDB11は、最高出力510PS(503php)、最大トルク675Nmという圧倒的なパワーを発生。0~100km/h加速はわずか4.0秒、最高速度は187mph(約300km/h)に達します。その一方で、このエンジンは効率にも優れています。CO2排出量は230g/km1で、EU複合サイクルにおける燃料消費量は28.5mpg1(約12.1km/L)です。この新しいV8エンジンは、自動車税がエンジン排気量に応じて課税される中国などの市場において、大きなメリットをもたらすでしょう。

アストンマーティン・チーフ・テクニカル・オフィサーのマックス・スウェイは、次のようにコメントしています。「エンジニアという立場から見ても、DB11は非常に魅力的なクルマです。そのキャラクターと性能には、奥深さを感じます。もちろん、V12エンジン搭載車は究極のアイコンであることに疑問の余地はありません。しかし、V8モデルにも独自の魅力が備わっています。このモデルは、丁寧に作り込まれた独自のキャラクターが大きな特徴となっています。新しいエンジンは、そのサウンドとパフォーマンスの両面で、太鼓判を押すにふさわしい完成度を誇っています。このエンジンの特性により、DB11のスポーティなキャラクターがさらに引き上げられています。」

「アストンマーティンと当社のお客様にとって、類まれな2種類のGTカーを提供できることは、本当に素晴らしいことです。今回、我々のテクニカル・パートナーであるメルセデス-AMGから供給されたエンジンを搭載した最初のクルマを発表できたことを、大変光栄に思っています。さらに、我々には、この優れたパワーユニットを、アストンマーティンが求めるニーズと要望を満たすように改良を加える自由が与えられました。これは、AMGとの良好なパートナーシップによって実現したものです。」

軽量、コンパクトで豊かなキャラクターを備えたこのパワーユニットは、既存のV12エンジンとともに、お客様に魅力的な選択肢を提供します。アストンマーティンのエンジニアリング・チームは、専用のエア・インテーク、エキゾースト・システム、ウェットサンプ潤滑システムを装着して、このV8エンジンをDB11のキャラクターに完璧に適合するよう調整しています。

さらに、V8エンジンの電子的なキャリブレーションも行ない、新しいECUソフトを開発してエンジンのリプログラミングとスロットル・マッピングを行ない、アストンマーティンならではのエンジン・フィールとサウンドを実現しています。

V12エンジンを搭載したDB11は、その強大なパワーにより、ハイパフォーマンス・ラグジュアリーGTとしての名声を揺るぎないものとしています。今回、V8エンジン搭載車が追加されることで、DB11のスポーティなキャラクターが強調され、お客様に理想的な2つの選択肢を提供することになります。

アストンマーティンのエンジニアは、車両の重心を下げるため、新しいエンジン・マウント、専用のスリムなウェットサンプ・システムを設計して、V8エンジンをエンジンルームのなるべく低い位置に搭載することを可能にしました。このエンジンは、V12エンジンと比べて軽量かつコンパクトなため、115kgの軽量化にも貢献しています。その結果、V8モデルの装備重量は、1,760kgとなっています。

さらに、ホイールベースのより中心に近い位置にエンジンを搭載することにより、俊敏性も向上しています。V8エンジンを搭載したDB11は、細部に至るまで完璧な改良が施されています。その範囲は、サスペンション・ブッシュ、ジオメトリ、アンチロールバー、スプリング、ダンパーから、ESPソフトウェアにまで及んでいます。V12モデルとの差別化を明確にするため、ダイナミックなキャラクターを注意深く創出することより、V8モデルは、スポーティ志向で、洗練され、快適なGTモデルを求めるお客様にアピールするクルマに仕上がっています。

これらの2種類のモデルは、エクステリアの見た目もわずかに異なっています。V8モデルには、専用のアロイ・ホイール、ダーク・ヘッドランプ・ベゼル、2つのボンネット・ベント(V12モデルでは4つ)が装備されます。ボンネット・ベントは、ブラックまたはチタニウム仕上げを選択することが可能で、ここでも12気筒エンジン搭載モデルとは差別化が図られています。

一方、インテリアでは、V8およびV12モデルともに、標準の装備グレードが採用され、広範囲なカラーおよびトリム・オプションの選択肢も同一となります。さらなる個性を求めるお客様のために、V12モデルと同じオプション・パック、デザイナー仕様のパッケージに加え、「Q by Aston Martin - Collection」オプションも設定されています。

アストンマーティン社長兼最高経営責任者(CEO)のDr. アンディ・パーマーは、V8エンジンを搭載したDB11について次のように述べています。「DB11は、アストンマーティン史上もっとも完成度が高く、洗練されたクルマです。今回、新たにV8エンジン搭載車が加わったことにより、卓越したパフォーマンスを実現しながらも、他のライバルとは一線を画したアストンマーティンならではの印象的なキャラクターを備えたクルマを提供することにより、DB11の魅力を世界中のより多くのお客様に拡大します。V8モデルは、開発段階で試験走行を繰り返したことにより、エンジンの変更のみにとどまらず、V12モデルとは異なる独自の個性を持った類まれなGTカーとして、ダイナミックな変貌を遂げています。」

V8エンジンを搭載したDB11は、既に販売を開始しています。希望小売価格は、それぞれ、£144,900(英国)、€184,000(ドイツ)、$198,995(米国)からとなります。納車は、2017年の第4四半期から開始される予定です。V8エンジンを搭載したDB11は、今週末に英国で開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でデビューを飾ります。

170629_01
170629_02
170629_03
170629_04
170629_05
170629_06

PAGE TOP

  • VEW ALL CARS - 取り扱い車種一覧
  • APPROVED CARS - 認定中古車
  • BLOG - ブログ
  • NEWS - ニュース
  • SHOWROOM - ショールーム
  • SERVICE CENTRE - サービスセンター
  • COLLECTION - アストンマーティンコレクション
  • MAIL MAGAZINE - メールマガジン
  • CONTACT US - お問い合わせ
  • SITE MAP - サイトマップ
  • RECRUITMENT - 採用情報
  • COMPANY INFORMATION - 会社概要
  • PRIVACY POLICY - プライバシーポリシー