ASTON MARTIN HAKKO - アストンマーティン大阪八光、アストンマーティン名古屋八光

NEWS

アストンマーティン、業界のキーパーソンを雇用して エンジニアリング・チーム強化を継続

171225aston-martin_engineering_Team

アストンマーティンは、2名のキーパーソンを雇用して、同社が擁する世界的な車両ダイナミクスおよびエンジニアリング・チームの強化を継続します。今回エキスパート・ハイパフォーマンス・テストドライバーとして起用されたのは、かつてマクラーレン・オートモーティブでチーフ・テストドライバーとして活躍したクリス・グッドウィンです。またマセラティとアルファロメオで車両の性能試験とインテグレーションを担当したシモーヌ・リズットは車両ダイナミクス部門のチーフエンジニアという重要なポストに抜擢されました。

この人事は、積極的な製品開発に取り組むアストンマーティンの姿勢を示しています。アストンマーティンは、同社初のSUVとなるDBXや、まだ名称が決定していないミッドエンジンのスーパーカーの投入によってモデル・ラインナップの拡大に取り組んでおり、さらに電気自動車およびハイブリッド車の導入も予定しています。

グッドウィンとリズットの獲得は、アストンマーティン社長兼CEOのアンディ・パーマーの指揮下で行われる重要な人事の一環です。2014年に同社は、ロータスカーズで車両試験および開発チーフの要職にあったマット・ベッカーを、車両特性担当チーフエンジニアとして迎え入れました。2016年には、マセラティにおいて先進パワートレイン開発を統括していたマックス・スウェイが、副社長兼チーフ・テクニカル・オフィサーとして参加。最近では2017年夏に、マセラティの先進パワートレイン開発責任者であったイェルク・ロスがチーフ・パワートレイン・オフィサーとしてアストンマーティンに加わっています。

アストンマーティン社長兼CEOのアンディ・パーマーは、グッドウィンとリズットの雇用に関して、次のように述べています。「当社のエンジニアリングおよびダイナミクス・チームにはすでに素晴らしい人材が揃っていますが、そこにクリスやシモーヌのような能力のある方に加わっていただき、大変嬉しく思っています。二人の決断は、当社の将来的な計画を高く評価されているということに他ならず、彼らの能力と経験は抜きん出ています。現在、製品およびパワートレインのポートフォリオ開発が次の大事な段階に差し掛かっており、彼らは魅力的なアストンマーティン・モデルの新ファミリーの構築に大きな貢献をしてくれることでしょう。」

PAGE TOP

  • VEW ALL CARS - 取り扱い車種一覧
  • APPROVED CARS - 認定中古車
  • BLOG - ブログ
  • NEWS - ニュース
  • SHOWROOM - ショールーム
  • SERVICE CENTRE - サービスセンター
  • COLLECTION - アストンマーティンコレクション
  • MAIL MAGAZINE - メールマガジン
  • CONTACT US - お問い合わせ
  • SITE MAP - サイトマップ
  • RECRUITMENT - 採用情報
  • COMPANY INFORMATION - 会社概要
  • PRIVACY POLICY - プライバシーポリシー