ASTON MARTIN HAKKO - アストンマーティン大阪八光、アストンマーティン名古屋八光

NEWS

アストンマーティンDBZ 100周年記念コレクションを製作

180921DB4_GT_Zagato

 

100年の歴史を象徴する伝統と現代的なデザインを融合

イタリアの名門カロッツェリア、ザガートは、2019年に記念すべき100周年を迎えます。

その栄光の歴史の中で、アストンマーティンとザガートは58年間にわたって素晴らしいパートナーシップを築き上げてきました。この2つのアイコン・ブランドは、最初の作品であるDB4 GT Zagatoから最新のVanquish Zagato Shooting Brakeに至るまで、世界でもっとも魅力的で刺激的な車を製作してきました。

この記念すべき年を記念して、アストンマーティンとザガートは、この唯一無二の歴史的パートナーシップを今後も継続してゆくことを確認しています。アストンマーティンは今回、過去のアイコン・モデルに敬意を表し、未来のクラシック・モデルを生み出すユニークなプロジェクトとして、DBZ 100周年記念コレクションを製作します。

アストンマーティンCEOのアンディ・パーマーは、DBZザガート・コレクションについて次のように述べています。「アストンマーティンとザガートのパートナーシップは、自動車業界において、もっとも大きな成果を上げ、長期間にわたって良好な関係を構築しています。来年、ザガートが100周年を迎えるにあたり、この重要な節目の年と偉大な2つのブランドの協力関係を祝うために、19台限定で2つの100周年記念モデルを製作します。エンジニアの視点で、お気に入りのアストンマーティンはいつも、次に発表される最新モデルであると言い続けてきましたが、今回は、非常に魅力的な車が2台登場することとなり、ガレージに2台収めなければなりません。」

イタリアのミラノに本社を置くザガートは、現在代表を務めるアンドレア・ザガートの祖父が、1919年に創設しました。彼は次のようにコメントしています。「英国は常に私たちの仕事を高く評価してきました。特に、アストンマーティンが、私たちの長年にわたるパートナーシップを祝うために、DBZ 100周年記念コレクションを製作することを、大変光栄かつ誇りに思っています。」

この記念コレクションは、サーキット専用モデルのDB4 GT Zagato Continuationと、公道走行可能なDBS GT Zagatoから構成され、製造台数はペアで19台に限定されます。DB4 GT Zagatoは、DB4誕生の地であるニューポート・パグネルのアストンマーティン・ワークスで、新型DBS GT Zagatoは、アストンマーティン本社のゲイドン工場で製造されます。アストンマーティンとザガートが共有する歴史を完璧に体現するDBZ 100周年記念コレクションは、世界中の自動車ファンにとって羨望の的となるでしょう。

1960年代にサーキットでフェラーリと競うために製作されたDB4 GT Zagatoは、まさにサラブレッド・マシンと呼ぶにふさわしい車でした。モータースポーツという過酷な環境の中で誕生し、息を呑むような美しいデザインが与えられたこの車は、わずか19台が製作されました。アストンマーティン・ワークスの卓越した専門知識とノウハウを結集した2019 DB4 GT Zagato Continuationは、1960年代にアストンマーティンとザガートが製作したオリジナルのDB4 GTを忠実に再現し、本物だけが持つ価値を備え、細心の注意を払ってハンドクラフトされます。

世界中のアストンマーティン・レストア・センターの中で最大の規模を備え、最高の設備と経験、高度な専門知識を誇るアストンマーティ・ワークスは、100周年を祝うプロジェクトに最適な場所です。19台のDB4 GT Zagato Continuationは、デイビッド・ブラウンの時代から受け継がれているクラフトマンシップ、最先端のエンジニアリングによって強化されたパフォーマンスを組み合わせ、可能な限り最高の品質で組み立てられます。

短いシャシーを備えたDB4 GTの進化バージョンとして誕生したDB4 GT Zagato Continuationは、軽量チューブラー・フレームを薄板アルミニウム製ボディパネルで覆うという、その当時と同じ手法で製作されます。この車のボディワークには、パネルの精度と均一性を向上させるために、最先端のデジタルスキャン技術が活用されています。完成したパネルは、伝統的な手法によって手作業で組み立てられます。ボンネットの下には、ツインスパーク・プラグを備えた有名なTadek Marek製の直列6気筒エンジンが搭載されます。380bhpを発生するエンジンパワーは、4速マニュアル・トランスミッションとリミテッド・スリップ・ディファレンシャルを介して後輪へと伝達され、本物だけが持つ忘れがたいドライビング体験を提供します。

アストンマーティン・ワークス・マネージング・ディレクターのポール・スパイヤーズは、DB4 GT Zagato Continuationについて次のようにコメントしています。「これまで、アストンマーティン・ワークスで数多くの素晴らしいプロジェクトを手がけてきたことを誇りに思っています。今回、DBZ 100周年記念コレクションで、19台のDB4 GT Zagato Continuationを製作することは、私たちにとって、まさに一生に一度の素晴らしい機会となります。19台の記念モデルを製作するために、私たちが持っている最高のハンドクラフト技術とその専門知識を活用すると同時に、最新のエンジニアリングによってパフォーマンスを引き上げます。それと同時に、オリジナル車両の純粋な美しさや信頼性は、そのまま受け継がれていきます。」

DBZ 100周年記念コレクションを構成するもう1台のモデルが、アストンマーティンとザガートの最新かつ最高にエクスクルーシブな作品となる、DBS GT Zagatoです。この車は、アストンマーティン史上もっともパワフルな車両である、新型DBS Superleggeraをベースにしています。

アストンマーティン・ザガートのデザイン言語をさらに進化させたDBS GT Zagatoのエクステリアは、アストンマーティンの象徴となっているダブルバブル・ルーフを新たに解釈し直した新しいプロポーションを特徴としています。DBS GT Zagatoは、印象的なフロントグリルの処理と、ダイナミックに切り落とされたテールエンドによって、力強いボディがさらに強調され、類まれな存在感を示しています。その一方で、非常に魅力的な新しいシグネチャー・デザインとともに、伝統的なザガートの美しさも備えています。19台のDB4 GT Zagato Continuationと同時に製造されるDBS GT Zagatoは、最新世代のアストンマーティン・ザガート・モデルの中で、もっとも希少価値の高い車となるでしょう。

アストンマーティン・チーフ・クリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマンは、次のように述べています。「アストンマーティンとザガートは、ユニークでダイナミックな協力関係を続けてきました。かつての時代は、クリーンでシンプルなデザインによって人々から愛され、現代では大胆で型破りなデザインで見る者を魅了しています。ザガートとのパートナーシップでは、既成概念の枠にとらわれることなしに、数々の素晴らしい車を製作してきました。

最近では、クーペ、ロードスター、スピードスター、シューティングブレークという4つのバージョンを備え、デザイン表現の限界を打ち破ったVanquish Zagatosが誕生しています。

しかし、ザガートの100周年に際し、何か特別なことが必要だと思いました。ザガート・コレクションは、まさにそれを実現させたものです。そのうちの1台は、時代を超越したアイコンに敬意を表したものであり、もう1台は、未来の世代に向けて新たな扉を開くモデルです。」

DBZ 100周年記念コレクションの価格は、600万ポンドです(税抜き)。お客様への納車は、DB4 GT Zagato Continuationが2019年第4四半期、DBS GT Zagatoが2020年第4四半期から開始される予定です。

 

PAGE TOP

  • VEW ALL CARS - 取り扱い車種一覧
  • NEWS - ニュース
  • BLOG - ブログ
  • APPROVED CARS - 認定中古車
  • SHOWROOM - ショールーム
  • SERVICE CENTRE - サービスセンター
  • COLLECTION - アストンマーティンコレクション
  • MAIL MAGAZINE - メールマガジン
  • CONTACT US - お問い合わせ
  • SITE MAP - サイトマップ
  • RECRUITMENT - 採用情報
  • COMPANY INFORMATION - 会社概要
  • PRIVACY POLICY - プライバシーポリシー