ASTON MARTIN HAKKO - アストンマーティン大阪八光、アストンマーティン名古屋八光

NEWS

アストンマーティン、新型DBXを発表: スポーツカーの遺伝子を受け継いだSUVモデル

191120_aston_martin_DBX.jpg

アストンマーティンの106年の輝かしい歴史における、大胆かつ新しい扉が開かれました。アストンマーティンはブランドを新たな高みへと引き上げる初のSUVモデル、DBXを発表しました。

191120_01
191120_02
191120_03
191120_04
191120_05
191120_06
191120_07
191120_08

2015年に始まったDBXの開発では、バーチャル・モデルの活用に始まり、昨年から英国のウェールズで開始された実地テストに至るまで、広範囲な開発プログラムが実施されました。その集大成として完成したこのニューモデルは、アストンマーティンの新たな時代を示し、これまで参入してこなかった新しいセグメントに、優れたパフォーマンス、スタイル、高い実用性を提供します。ラグジュアリーSUVに期待される多用途性に、スポーツカーのダイナミックなパフォーマンスを融合したDBXは、この分野における新たな基準を打ち立てます。

アストンマーティン・ラゴンダ社長兼グループ最高経営責任者(CEO)のアンディ・パーマーは、次のように述べています。「アストンマーティンにとって、DBXが如何にエキサイティングで重要なクルマであるかを、とても言葉で語り尽くすことはできないでしょう。開発面だけを見ても、この美しいSUVモデルは、アストンマーティンを新たな領域へと導き、その方向性を明確に示しています。DBXは、弊社のセカンドセンチュリープランの第3フェーズと最終フェーズの実現において極めて重要な製品であり、計画で約束したポートフォリオの拡大を実現するだけでなく、アストンマーティン第2の工場の稼働開始の合図を示すものでもあります。私たちは、弊社の高度な専門知識を通じてこのモデルを開発しましたが、Female Advisory Board(女性諮問委員会)を含む外部の助言から得られた貴重な経験と知識も反映しています。DBXは、偉大な英国ブランドの真のランドマーク・モデルであり、日常生活のあらゆる瞬間で、その素晴らしさを体験できるクルマに仕上がっています。」

DBXは、ウェールズのセント・アサンに建設されたアストンマーティンの専用施設で生産される予定で、この分野で珍しいSUV専用の新しいプラットフォームをベースにしています。このニューモデルは、まったく白紙の状態から開発が始まりました。アストンマーティンのすべての部門が一致協力し、英国デザインの限界を打ち破る革新的なエンジニアリングにより、真に驚くべき製品が誕生しました。

アストンマーティンは、スポーツカーの開発を通して改良を重ねてきた接着アルミニウム構造の技術を活用して、極めて軽量かつ堅牢なDBX専用のボディを設計しました。DBXの装備重量は、わずか2,245kgです。DBXは、開発当初から、最大限のキャビンスペースを確保することを目標に掲げて設計され、前席および後席に、洗練され、クラスをリードする広々とした空間を生み出すことに成功しています。その一方で、新しいプラットフォームによる優れた剛性により、DBXはオンロードとオフロードの両方で並外れたダイナミクスを発揮します。

アダプティブ・トリプルチャンバー・エアサスペンションは、最新の48Vエレクトリック・アンチロール・コントロール・システム(eARC)およびエレクトロニック・アダプティブ・ダンパーと組み合わされ、幅広い走破力を実現しています。エアサスペンションにより、ライドハイトを45mm上昇させるか、50mm下降させることが可能で、あらゆる地形に対応することができます。このシステムは、走行中に大きなメリットを提供しますが、乗員の乗り降りや、荷物の積載時といった、実用面でも優れた利便性を提供するようにプログラムされています。

アダプティブ・トリプルチャンバー・エアスプリングは、スプリングの硬さを変化させることが可能で、ラグジュアリー・サルーンの快適性とダイナミックなパフォーマンスを両立させています。非常に優れたeARC(車軸あたり1,400Nmのアンチロール・フォース)は、DBXのボディ・ロールを抑制することで、スポーツカーのようなハンドリングを実現します。非常に洗練されたアダプティブ・エアサスペンション、ダンパー、eARCを組み合わせたシステムにより、最大5人の乗員と荷物を積載した場合でも、優れた乗り心地を維持しながらも、鋭いレスポンスと動力性能を提供します。

DBXには、DB11およびVantageにも搭載されている4リッター・ツインターボV8エンジンの最新バージョンを搭載しています。最高出力は550PS、最大トルクは700Nmで、このモデルの特定のニーズに合わせて慎重にチューニングが施されています。DBXは、アクティブ・エキゾースト・システムにより、ラグジュアリーなSUVモデルの洗練されたサウンドから、アストンマーティンならではの爽快なスポーツカーのエキゾーストノートまで、幅広いサウンドを奏でます。この多用途なエンジンは、燃料消費量を削減するため、シリンダー休止機能を備えていますが、そのポテンシャルをフルに発揮すると、0~100km/hをわずか4.5秒で加速し、最高速度は291km/hに達します。

このパワーとトルクを路面に伝達するのは、9速トルクコンバーター・オートマチック・トランスミッションで、アクティブ・セントラル・ディファレンシャルとエレクトリック・リア・リミテッドスリップ・ディファレンシャル(eデフ)を備えた4輪駆動システムに合わせて調整されています。これにより、車両の前後および左右のリア・アクスル間で、トルクを正確に配分することができます。スポーツカーのようなフィールとレスポンスを実現するようにチューニングされた専用のステアリング・システムと組み合わせることにより、DBXはどのような条件でも、ドライバーに圧倒的なコントロール性をもたらします。

アストンマーティン初のフルサイズ5人乗りモデルは、あらゆる地形を走破可能なだけでなく、様々なライフスタイルのニーズやオーナーの要望に幅広く対応することができます。DBXは、99パーセンタイルの男性から5パーセンタイルの女性まで、非常に幅広い乗員のニーズを満たすように設計されており、購入当初から、乗りやすく、扱い易いモデルとなっています。

632リットルの積載スペースと40:20:40の分割可倒式リアシートを備えたDBXは、クラス最高レベルの室内スペースを備えたSUVモデルとして、非常に柔軟な積載能力を特徴としています。積載スペースは、実用的で使い勝手の良い空間を提供します。狭く設定されたローディングシルと広い開口部により、スーツケース、ゴルフバッグ、スキー用具など、様々な荷物を簡単に積載することが可能です。

DBXには、利用可能なすべてのアクティブセーフティ・システムを含む充実した標準装備に加え、数多くのオプションやアクセサリー・パッケージが用意されています。これらのパッケージを利用することにより、お客様のニーズ、スポーツや娯楽といった趣味に合わせて、クルマをカスタマイズすることが可能です。例えば、ペット・パッケージには、散歩の後の汚れた足を洗うための、ポータブル・ウォッシャーが含まれます。また、スノー・パッケージはブーツ・ウォーマーを提供して、スキー旅行を楽しいものにします。

DBXの豪華なハンドクラフト・インテリアは、前席に座っていても、後席に座っていても、同様の広いスペースと快適性を提供するように設計されています。クラス最高レベルのヘッドルームとレッグルームは、フルレングスのガラス・パノラマルーフとフレームレス・ドアガラスと組み合わされ、明るく広々としたキャビン環境を提供します。前席にスポーツカーのシート・パッケージを採用することで、ドライバーに並外れたサポート性とロングドライブにおける快適性を提供する一方で、後席乗員用の膝と足元の追加スペースも確保しています。

セパレートタイプのセンター・アームレスト、グローブボックスのデザイン、コントロール・スイッチ類の人間工学に基づいた配置など、DBXは、あらゆるディテールに至るまで、アストンマーティン・ブランドのFemale Advisory Board(女性諮問委員会)、ディーラーからのフィードバック、世界中で開催される様々なプライベート・フォーカス・グループの意見が反映されています。インテリアの設計だけでなく、提供されたガイダンスは、DBXの全体的なデザインにも反映され、成功のカギとなっています。

シートの張地には、長年のパートナーである“Bridge of Weir Leather”から調達した最高級フルグレイン・レザーが採用されています。ヘッドライニングと電動ルーフ・ブラインドはどちらも業界初の豪華なアルカンターラ仕上げが施されており、ヘッドルームを損なうことなく調和の取れたデザインと遮光性を両立させています。DBXは、キャビン全体を通して、厳選されたメタル、ガラス、ウッドを慎重に使用しています。

さらなるデザイン・ハイライトとしては、エレガントなブリッジタイプのセンター・コンソールが挙げられます。このコンソールは、下部の収納スペースと美しい造形を特徴としています。これにより、ドライバーは、貴重品を助手席に置いたり、汚れたフロアに置いたりすることなく、すぐ手が届く場所に収納しておくことができます。アストンマーティンのパーソナライゼーション・サービスである「Q by Aston Martin」を利用すると、オプションとして1枚のクルミ材から機械加工したセンター・コンソールを装備することによって、豪華な雰囲気と素晴らしい触感を楽しむことができます。

また、モダンなウッドパネル、複合材、金属パネルなど、オーナーの好みに従って、インテリアを様々な組み合わせに変更することも可能です。これには、革新的な各種素材と、80%のウールで作られたファブリックといった業界初の試みが含まれます。最高級の亜麻と同じ植物から得られた新しい複合材は、カーボンファイバーの代わりに使用され、独特の美学を表現しています。

これらの装飾パネルに囲まれたディスプレイには、最先端のテクノロジーが採用されています。10.25インチのTFTスクリーンは、センター・コンソールにエレガントに収まり、12.3インチの巨大なTFTスクリーンは豊富な情報をドライバーに提供します。また、Apple CarPlayに加え、360°カメラシステムと、2つのゾーンで64種類のカラーを提供するアンビエント・ライトも標準装備されています。

DBXのエクステリアは、アストンマーティン・スポーツカーのエレガンスをSUVの世界に取り入れて、インテリアと同じように細部に至るまで、徹底的にデザインが練り込まれています。フロントエンドの象徴的な「DB」グリルから、彫刻的な曲面を描くサイドパネル、フィーチャー・ライン、Vantageからインスピレーションを得たフリップ付きテールゲートに至るまで、DBXのエクステリア・デザインは、一目でそれがアストンマーティンのクルマであることが分かります。フレームレス・ドアは、サイドガラスのシールが巧みに隠され、Bピラー・フィニッシャーといった美しいディテールが、エレガントで自信に満ちたスタイルを演出しています。また、スリムなドアシル・エリアにより、豪華なキャビンへの乗降性が改善している一方で、ディナーへ招待された際に、ドレスやスーツの裾が汚れるリスクを低減しています。

設計プロセスにおいて、エアロダイナミクスは重要な要件となりました。これには、DB6を搭載したトレーラーを牽引した状態で、計算流体力学(CFD)でテストする新しい試みも含まれています。車両のフロントには、デイタイム・ランニングライト(DRL)に統合された空力ダクトが設置され、フロントホイール・アーチとサイドパネルに沿ってエアを送り、ブレーキを冷却しながら抗力と揚力の両方を削減しています。車両上方のエアは、ルーフの上、リア・ウイング、リア・ウィンドウ、リア・フラップへときれいに流れます。このユニークなアプローチとデザインにより、走行中にリア・ウィンドウをクリーンな状態に保つことができます。空力デザインは乗客の快適性においても重要な役割を果たしています。コンピューターによる空力音響技術を使用している数少ない企業の1つとして、アストンマーティンのエンジニアはキャビンのノイズレベルを最小限に抑えることに成功しています。

アストンマーティンは、世界中で販売台数を拡大することを目標に掲げたこのSUVモデルが、英国ウェールズのセント・アサンに建設された新しい工場で生産される非常に誇りに思っています。4輪駆動システムを備えたDBXは、天候や地理的な条件によって、後輪駆動のスポーツカーが敬遠されがちな市場において、アストンマーティンのプレゼンスを高めることができるクルマです。前席でも後席でも、豪華で広々としたキャビンを強調することで、自分で運転することよりも、後席で寛ぐことを好むお客様にも訴求することができます。

さらに、この画期的なモデルの最初の500人のオーナーの方々は、専用の「1913パッケージ」による恩恵を受けることができます。このパッケージには、専用のフェンダーバッジ、シルプレート、限定生産車であることを示す検査プレートが装着され、アンディ・パーマーによって個人的に承認および検査されます。さらに、それぞれのお客様には、アストンマーティン・バイス・プレジデント兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマンによる署名入りビルドブックと、アストンマーティン・ラゴンダのエグゼクティブチームのメンバーがウォルドーフ・アストリアで主催する、カクテルパーティーへの招待状も提供されます。

Dr. アンディ・パーマーは次のようにコメントしています。「DBXは、これまでアストンマーティンを所有したことのない、多くの人々を魅了することになるでしょう。そのため、スポーツカーで確立されたコアバリューに忠実であると同時に、ラグジュアリーSUVモデルに期待される多用途性も提供する必要がありました。美しいスタイル、最高のクラフトマンシップ、そして高度なテクノロジーを備えたこのクルマは、アストンマーティンの誇りです。」

希望小売価格は、それぞれ158,000ポンド(英国)、193,500ユーロ(ドイツ)、189,900ドル(米国)からとなります。現在、DBXは注文を受け付けており、最初の納車は2020年第2四半期に開始される予定です。

PAGE TOP

  • VEW ALL CARS - 取り扱い車種一覧
  • NEWS - ニュース
  • BLOG - ブログ
  • APPROVED CARS - 認定中古車
  • SHOWROOM - ショールーム
  • SERVICE CENTRE - サービスセンター
  • COLLECTION - アストンマーティンコレクション
  • MAIL MAGAZINE - メールマガジン
  • CONTACT US - お問い合わせ
  • SITE MAP - サイトマップ
  • RECRUITMENT - 採用情報
  • COMPANY INFORMATION - 会社概要
  • PRIVACY POLICY - プライバシーポリシー