ASTON MARTIN HAKKO - アストンマーティン大阪八光、アストンマーティン名古屋八光

NEWS

アストンマーティンVantage、70年の歴史を誇る卓越したスポーツカー

200313_aston_martin_70th_anniversary

Vantageファミリーが誕生70周年を迎えました。これを記念して、アストンマーティンは今年、同社史上もっとも有名なモデルの節目の年を祝います。

Vantageの名称は、英国のラグジュアリーブランドであるアストンマーティンが製造してきたスポーツカーのうち、実に1/3以上のモデルに誇り高く冠されています。70年以上の歴史を誇り、アストンマーティン製品ラインナップの中でも特別な存在となっているVantageファミリーは、進化を続ける同社の歴史において決定的に重要な役割を果たしています。

初期のDB2 Vantageから60年代のアイコン・モデルの軌跡:DB4、DB5、DB6は、その後の数十年間でアストンマーティンの名を世界に知らしめたハイパフォーマンス・モデルへと進化を遂げ、画期的なVHアーキテクチャーを採用したモデルから、最先端テクノロジーを搭載する現行モデルに至るまで、Vantageという名称は、スピード、パワー、そして類まれなスタイルの代名詞となっています。

アストンマーティン・ラゴンダ社長兼グループ最高経営責任者(CEO)のDr. アンディ・パーマーは、アストンマーティン・ブランドの栄光の歴史を語るうえで欠かすことのできないVantageの魅力に関して、次のように述べています。「最新モデルのVantageおよびVantage AMRは、世界中のドライバーに強烈なインパクトを与えた"Vantage"というモデルを、弊社の流儀に従って新たに解釈したものです。」

「2020年、私たちはVantageの70周年を祝い、傑出したスポーツカーの伝統を振り返ります。Vantageは、常に技術的な野心、スリリングなパフォーマンス、類まれな美しさと同義語となってきました。この名称が与えられた伝説的なクルマが作り上げてきた高い基準は、最新のモデルにもそのまま反映されています。」

 

Vantageの70年:主なモデル

DB2 Vantage仕様
アストンマーティン・ブランドにVantageというモデル名が登場したのは1950年のことでした。この年、"Vantage仕様"のアストンマーティンDB2がデビューしました。

初期において、Vantageというモデル名は、強化されたエンジンを搭載したバージョンという意味で使われていました。DB2の場合は、ラゴンダ製2.6リッター・エンジンに大径SU HV6キャブレターと、8.16:1という高い圧縮比が組み合わされていました。これらの強化策により、最高出力は、標準バージョンのDB2の約105bhpから大幅に引き上げられ、125bhp/5,000rpmに達していました。サルーンおよびオープンクーペ・バージョンが設定されたDB2 Vantageバージョンは、ミドルセックス州フェルサムにあったアストンマーティン工場で製造されました。その台数は、250台以下でしたが、今日でも数多くのDB2 Vantageバージョンが走行可能な状態で保存されています。

初期のVantageプログラムには、アストンマーティンに在籍する数多くのエンジニアおよびデザイナーが参加しました。アストンマーティン・ヘリテージトラストのアーカイブに保存されている、バルブタイミングの試験に関する技術論文によれば、その当時、有名なレーシングカー・デザイナーであったロバート・エベラン・フォン・エベホルストがプロジェクトを統括しています。彼は、アストンマーティンDB3およびDB3Sの設計も担当し、それ以前には初期のアウトウニオン・チームの設計者としても優れた手腕を発揮しています。

1951年に英国のアールズコートで開催されたモーターショーにおいて、アストンマーティンが作成したプレスリリースには、Vantageの違いについて、次のように記されています。「1951年のアールズコートには、2台のアストンマーティンDB.IIサルーンが展示されます。1台は通常のエンジンを搭載していますが、もう1台は昨年と今年のル・マンにおいて高い信頼性を実証した"Vantage"エンジンを搭載しています。」

強化されたパフォーマンスを示す"Vantage"という名称は、当時のスポーツカー愛好家の間で次第に浸透していきました。しかし、さらに洗練された次世代のVantageモデルが登場するまでには、さらに10年の歳月が必要でした。

DB4 Vantage
DB4 Vantageは、1961年に発表されたDB4シリーズIVの生産開始時にデビューしました。このモデルが、Vantageの先駆けとなった初期のモデルとは異なる点は、技術面だけでなく、デザイン面においても"標準バージョン"とは異なっていたということでした。

このモデルにおけるVantageの違いとは、SU HD8キャブレターを2基から3基に増設し、大径バルブを採用したシリンダーヘッドと、より高い圧縮比を備えた"スペシャルシリーズ"エンジンが搭載されていたことです。しかし、シリンダーブロックは標準バージョンのものを採用し、最高出力は266bhpを発生していました。これは標準バージョンのDB4が搭載していたタデック・マレックの設計によるアルミニウム製直列6気筒エンジンが発生した240bhpから、約10%強化されています。

デザインの観点から見ると、DB4 Vantageの違いは、小さいながらも明確に区別されています。GB4 GTに採用されたフェアリング付きのヘッドライトには、光沢アルミニウムのトリムが組み合わされていました。

1962年には、DB4ラインナップの最終シリーズとなる、車内スペースが拡大されたDB4 Series V Vantageが投入されました。これは、Vantageバージョンがさらに強化されたというだけでなく、映画『007 ゴールドフィンガー』に登場した点でも重要な意味を持っています。DB4 Series V Vantageは、スタイル面においては後継モデルとほとんど区別することはできませんが、世界でもっとも有名なスパイが乗ったことで有名になりました。事実上のDB5プロトタイプとなったDB4 Series V Vantageは、映画で登場する"ボンドカー"のベースとしても活用されたのです。バッキンガムシャーに建設された新しいニューポートパグネル工場で製造されたこのクルマの製造台数は、135台前後だと言われています。

さらに希少なモデルを求める方は、オプション設定されたDB4 GTエンジンを搭載したDB4 Vantageに魅力を感じるかも知れません。その生産数はわずかに6台です。

DB5 Vantage
1964年にDB5が発表されたとき、当然のことながら、高性能モデルのVantageバージョンもすぐに登場すると思われました。しかし、意外なことに、オプションのVantageエンジンを搭載したDB5サルーンの生産台数は、887台のうちわずかに68台に留まりました。Vantageバージョンは、ウェーバー製トリプルキャブレターを採用し、標準バージョンよりも40bhp高い325bhpの最高出力を発生した、4.0リッター・エンジンを搭載していました。

Vantageエンジンを搭載したDB5コンバーチブルはさらに希少なモデルとなっており、製造された123台のうち、わずか8台に過ぎません。その後、数多くの標準バージョンがVantageバージョンに改造されたなかで、DB5 VantageおよびDB5 Vantageコンバーチブルのオリジナル車はきわめて希少な存在となっています。

1965年のジュネーブモーターショーで世界のメディアに向けて発表されたプレスリリースでは、DB5 Vantageの魅力を簡潔かつ控えめに次のように表現しています。「さらなるパワーにより、強烈な加速とより高い平均航続速度を実現しています。」

DB5 Vantageは、当時としては高価なクルマでした。パワーユニットのアップグレードには、車両代金とは別に158ポンド(消費税抜き)が必要で、1965年時点での価格は税込で4,439ポンド15シリング5ペンスに引き上げられました。

DB6 Vantage
DB6 Vantageは、DB5 Vantageの後継モデルです。Mk IとMk IIバージョンが用意され、パワフルな先行モデルと同様、高い信頼性を確立したアップグレード方式が採用されました。DB5 Vantageと同様、エンジンは4.0リッター直列6気筒で、出力も同じ325bhpでした。DB5に初採用された、サイドストレーキのVantageエンブレムも踏襲されました。このエンブレムは、小さいながらも重要な意味を持っていました。

オリジナルのVantageエンジンを搭載して送り出されたDB6の生産台数は何百台ではなく何十台の単位のため、その希少価値は極めて高く、世界中の幸運なオーナーによって注意深く保管されています。

DBS VantageおよびAM Vantage
DB4、DB5そしてDB6に至る一連の流れがアストンマーティンによるデザインの"進化"を物語るとすれば、1967年に登場したDBSは真の"革命"といえるモデルでした。このクルマの角張った"モダン"な形状を生み出したのは、当時アストンマーティンに若手のインテリア・デザイナーとして在籍していたウィリアム・タウンズでした。このオリジナリティ溢れるボディに収まっていたのは、その当時の定番ユニット、タデック・マレックが手がけた6気筒3,995ccエンジンで、DB6と同様に標準バージョンとVantageバージョンが設定されていました。当初の計画では、新開発のV8エンジンを搭載する予定だったのですが、このモデルの登場には間に合いませんでした。

DBSの増加した重量に対応するため、Vantageバージョンはカムシャフトの設計を見直し、パフォーマンスを向上させました。

1972年4月、それまでの4灯式ではなく2灯式のヘッドライトを備えた新バージョンのDBSが登場しました。このモデルは、AM Vantageと名付けられ、70台が製造されました。興味深いことに、このクルマは、過去のVantageの血統に反し、そのラインナップにおいて最もパフォーマンスの低いバージョンでした。
V8 VantageとV8 Vantage Zagato
次に登場したのが、初代アストンマーティンV8 Vantageでした。このクルマは、先代モデルとはまったく異なるエンジニアリングおよびパフォーマンス面の特徴を備えていました。1977年の発表当時、このクルマは"英国初のスーパーカー"と称賛されました。0~60mph(約96km/h)加速ではフェラーリ・デイトナを打ち負かし、最高速度は170mph(約274km/h)に達しました。

エンジンは、ラゴンダが当時製造していたラグジュアリーセダン用と同じものでしたが、高性能カムシャフト、高圧縮比、大径化されたインテークバルブ、新設計されたマニホールド、大型キャブレターなどを組み合わせることにより、出力が向上していました。

V8 Vantageは、英国製の高性能スポーツカーとして、その車重をものともしないパフォーマンスを発揮しました。自動車雑誌によるロードテストによると、"保守的な"デザインのVantageは、ランボルギーニ・カウンタック、フェラーリ512BB、ポルシェ911ターボといった同時代のライバルを上回る性能を見せたといいます。

この世代のVantageが大幅なパフォーマンス向上を果たしたのは、300bhp台のパワーを叩き出したV8エンジンへのアップグレードによるものです。キャブレターは、より大型のウェーバー製48 IDFが採用され、インテークマニホールドも改良されました。大径化されたバルブ、デザインを見直したエキゾーストマニホールド、改善されたカムシャフトと高圧縮比により、馴らし運転が終了したこのエンジンは、380bhpを発生する能力を備えていました。しかし、アストンマーティンは、その強力な最高出力を、いかにも英国らしい控えめな表現で、"適切なパワー"と説明していました。

V8 Vantageのシャシーは、アジャスタブルタイプのKONIダンパー、短縮したスプリング、大径フロント・アンチロールバーによって剛性を引き上げていました。255/60 VR15ピレリCN12タイヤを装着するため、スペーサーを入れてトレッドが拡大されました。

空力特性の最適化を図るため、エクステリアは明確に差別化されました。標準バージョンのAM V8と比べ、V8 Vantageはフロントエアダム、完全に塞がれたグリルに設置されたシビエ製H4ツイン・ドライビングライト(ラジエーター用の冷却エアはバンパー下から導入)、リアのブーツリッド・スポイラーなどを特徴としていました。これらの空力パーツは、リフト(揚力)を低減させるために不可欠でした。もう1つの大きな特徴としては、ダウンドラフト・キャブレター上に設置された大型エアボックスを覆うために必要な、ボンネットバルジの採用が挙げられます。

V8 Vantageは、30年間にわたって大きな進化を遂げ、1990年に5.3リッター・エンジンを搭載した"X-Pack"仕様が発表されて一つの時代が終わりを告げます。このモデルは、よりボディの短い、先進的で非常に希少なV8 Zagatoサルーンのベースとしても使われました。この世代のVantageは、アストンマーティン・ラインナップの絶対的な頂点に君臨するモデルであり続けました。

Vantage(スーパーチャージドVantage)
1990年代のアストンマーティンは、引き続き"スーツを着た野獣"と評されるスポーツカーを製造することに情熱を傾けました。その結果として登場したのが、Virageをベースとした1993年のVantageです。このモデルは"スーパーチャージドVantage"の異名を取り、後に新世代のV8 Vantageへと引き継がれます。

あらゆる意味で重量級といえるこのVantageの車重は、1,990kgでした。ヘッドライトは6灯式で、フロントには巨大な直径362mmのベンチレーテッド・ディスクブレーキと4ピストンAPレーシング・キャリパーが組み合わされていました。これはその当時、ロードカーに搭載された最強のブレーキでした。

このように贅沢な装備を持つグランドツアラーには、強大なパワーユニットが必要です。このモデルには、5,340cc V8エンジンにイートン製スーパーチャージャーを2基組み合わせるという選択がなされました。最高出力550bhp、最大トルク550 lb-ftを発生したこのパワーユニットは、市販車に搭載されるものとして世界最強を誇りました。1998年後半にデビューしたV600バージョンでは、さらに出力が50bhp強化されています。最高速度は186mph(約300km/h)に達し、0~60mph(0~96km/h)加速は4.6秒でした。高速走行テストでは、200mph(約322km/h)に迫る最高速度が記録されたと噂されています。

スペシャル・エディションのV550、V600およびV8 Vantage Le Mansなども投入され、2000年10月の生産終了に至るまで、この世代のVantageは新鮮さを失いませんでした。

DB7 V12 Vantage
1999年のジュネーブモーターショーでデビューしたDB7 V12 Vantageが、次世代Vantageのエンブレムを掲げるモデルとなりました。世界的に有名なデザイナーのイアン・カラムによって完全に新しくデザインされたこのクルマは、フォード・リサーチ&ビークル・テクノロジー・グループおよびコスワース・テクノロジー社との緊密な協力体制によって開発されたオールアルミニウム合金製5.9リッター48バルブ V12エンジンを搭載し、420bhpの最高出力、400 lb-ftの最大トルクを発生しました。

シャシーも強化され、当時としては非常に斬新なフロントおよびリア・サスペンションのセットアップを採用していました。このモデルが登場するまで、アストンマーティンVantageは、標準仕様のエンジンを搭載していましたが、DB7 V12 Vantageはそれらと一線を画した新しいエンジンを採用し、直列6気筒エンジンを搭載したVantageともまったく異なるモデルに仕上っていました。

その結果、非常に印象的なパフォーマンスが実現しています。当初は、クロスレシオの6速マニュアル・トランスミッション(最高速度184mph(約296km/h)、0~60mph加速5.0秒)または5速オートマチック・トランスミッション(最高速度165mph(約266km/h)(リミッター作動)、0~60mph加速5.1秒)の2つの選択肢が用意されていました。しかし、2000年以降、ZFとの共同開発で高い評価を得た"タッチトロニック"システムも選択できるようになりました。

ブロックシャム工場で4年半にわたって製造されたDB7 V12 Vantageクーペの生産台数は2,091台に達し、VolanteおよびGTと合計した数字は、アストンマーティンにとって新記録となりました。最後のDB7 V12 Vantageは、2003年にブロックシャム工場からラインオフされました。

V8 Vantage(VHアーキテクチャー採用)
2003年のジュネーブモーターショーにおいて、AM V8 Vantage Conceptが発表されました。このコンセプトモデルは、その後、誇り高いVantageの次世代モデルへと進化を遂げることになります。

2年後の2005年、V8 Vantageの生産モデルがベールを脱ぎました。既に発表されていた魅力的なコンセプトモデルにより、このクルマには注文が殺到しました。

実際の生産が開始されたのは2005年秋でしたが、ゲイドン工場の第2組立ラインをV8 Vantage専用としたことで、生産台数は年間3,000台に迫ろうとしていました。アストンマーティンの107年にわたる歴史において、このクルマほど販売面で成功を収めたモデルはありません。

新車の約70%は、英国外のお客様に届けられました。英国およびヨーロッパのお客様への納車は2005年10月に開始され、北米をはじめとするその他の地域では、2006年初頭からV8 Vantageがお客様の手元に届き始めました。

V8 Vantageは、現在では有名になったVHアーキテクチャーをDB9に続いて採用した市販モデルであり、DOHC 32バルブを備えたドライサンプ方式の新設計4.3リッターV8エンジンを搭載した最初のクルマとなりました。最高出力は380bhp/7,000rpm、最大トルクは302 lb-ft/5,000rpmでした。このエンジンは、グラツィアーノ製6速マニュアル・ギヤボックスが標準で組み合わされ、重量は1,570kg、0~60mph加速は4.9秒、0~100mph(約160km/h)加速は10.7秒でした。

このエンジンはアストンマーティン専用のもので、ドイツのケルンにあるエンジン工場でV12と並びハンドビルドで組み立てられていました。

後に、この世代のV8 Vantageには、420bhpの最高出力と346 lb-ftの最大トルクを発生する4.7リッター・エンジンが搭載されました。その結果、0~60mph加速は4.7秒に短縮され、最高速度は5mph向上して180mph(約290km/h)に達しました。

2009年、アストンマーティンはVantageの歴史を象徴するハイパフォーマンス・モデル、V12 Vantageを発表しました。2007年12月に行われたゲイドン本社の新しいデザインセンター開所式に合わせて発表されたV12 Vantage RS Conceptをベースにしたこの量産モデルは、発売されると同時に高い人気を博しました。

V8搭載モデルからの重量増加は50kg程度に抑えられ、DBSと同様、フロントにミッドマウントしたオールアルミニウム合金製エンジンを特徴とするV12 Vantageは、驚異的なパワーを発生しました。排気量5,935ccのエンジンは、1気筒あたり4本のバルブを駆動するダブルオーバーヘッド・カムシャフトを搭載、最高出力は510bhp/6,500rpm、最大トルクは420 lb-ft/5,750rpmを発生しました。

6速マニュアル・ギヤボックスを組み合わせたこのモデルは、0~60mphを4.2秒で加速し、最高速度は190mph(約306km/h)に達しました。

"シンプルな"V12 Vantageでは満足しないアストンマーティンのエンジニアは、さらなるポテンシャルを備えたクルマの開発に取り組みました。その結果、2013年に誕生したのがV12 Vantage Sです。

V12 Vantage Sにおいて、パワーは565bhpに引き上げられ、トルクは強力な457 lb-ftを達成。0~60mph加速は、スポーツシフトIII オートメーテッド・マニュアル・ギヤボックスの恩恵もあり、3.5秒という驚異的な数値をマークしています。しかし、なんと言ってもこのクルマがメディアの注目を集めたのは、その最高速度でした。V12 Vantage Sの最高速度は205mph(約330km/h)に到達し、アストンマーティンが手がけた市販車のなかで最速モデルとなりました。

メディアおよび自動車ファンからの反応は、このモデルを熱烈に歓迎するものでした。英国の自動車雑誌『Autocar』では、次のように評価されています。「デジタル化が進行する現代において、この超弩級Vantageは、アナログ的なキャラクターが非常に新鮮で、その荒々しくアグレッシブな特徴はアストンマーティンが目指したとおりに明確に表現されている。」

発表から3年後には、V12 Vantage Sに、7速マニュアル・ギヤボックスが搭載され、マニアを喜ばせました。

V12 Vantageの製造期間には、様々なスペシャル・エディションが発売されましたが、中でもっとも重要なモデルは、イタリアのデザインハウスであるザガートと再び協力して開発され、2012年にデビューしたV12 Vantage Zagatoです。このモデルは、歴代のアストンマーティンZagatoと同じく、非常に希少なクルマとなっています。
Vantage(現行モデル)
時代の最先端をゆく新型Vantageは、2シーターのスポーツカーで、アストンマーティンによる最新のアーキテクチャーを採用しています。優れた空力特性と躍動感を実現するためにデザインされたこのクルマは、最高出力503bhp、最大トルク505 lb-ftを発生する4.0リッター・ツインターボV8エンジンをフロントに搭載し、ZF製8速オートマチック・ギヤボックスをリアに搭載しています。

上記の組み合わせにより、最新世代のVantageは、0~60mphを3.5秒で加速し、最高速度は195mph(314km/h)に達します。

新型Vantageは、E-Diffと呼ばれるトルクベクタリング機能を備えた電子制御ディファレンシャルを搭載する最初の量産アストンマーティンとなり、その骨格はDB11と共通の斬新な接合アルミニウム製プラットフォームを中心に構築されています。

2017年末にこのニューモデルが発表された時に、アンディ・パーマーは次のように述べています。「よりシャープなスタイルと俊敏な運動性能を備えた本物のスポーツカーである新型Vantageは、まさにエンスージアストが待ち望んでいたアストンマーティンのピュアなドライビングマシンといえるでしょう。」

2019年には、モータースポーツからインスピレーションを受けてグラツィアーノ社が開発を担当し、"ドッグレッグ"と呼ばれる独特なシフトパターンを備えた7速トランスミッションを搭載した、Vantage AMRが発売されました。このクルマは、人車一体となったドライビング体験を生み出すために製作されました。Dr. パーマーは、次のようにコメントしています。「自動運転のロボットタクシーが現実味を帯びてきたこの世界において、アストンマーティンは最先端のテクノロジーによるパフォーマンス・ドライビングの世界をさらに進化させています。」

 

歴代アストンマーティンVantageの生産台数

DB2 248台(サルーンとオープン・クーペ*)
DB4 135台(プラス DB4 GT Vantageが6台)
DB5 68台(サルーン*)
DB6 335台(サルーン*)(プラス Volanteが29台)
DB6 MkII 70台(サルーン*)(プラス Volanteが13台)
DBS 290台(サルーン*)
AM Vantage(6気筒) 70台(サルーン*)
AM V8 Vantage 372台(サルーン*)(プラス Vantage Volanteが194台)
V8 Vantage Zagato 52台(サルーン*)(プラス Vantage Volanteが8台)
Vantage/V8 Vantage 273台(サルーン*)(プラス スペシャルモデルが40台)
DB7 V12 Vantage 2,086台(クーペ)(プラス Volanteが2,056台)
V8 Vantage(VH) 15,458台(クーペ)(プラス Roadsterが6,231台)
V12 Vantage 2,957台(V12 Vantage Sを含む全タイプの合計)

* ここで使われる「サルーン」とは、当時のアストンマーティン社独自の名称です。実際の車両タイプは、クーペボディです。

PAGE TOP

  • VEW ALL CARS - 取り扱い車種一覧
  • NEWS - ニュース
  • BLOG - ブログ
  • APPROVED CARS - 認定中古車
  • SHOWROOM - ショールーム
  • SERVICE CENTRE - サービスセンター
  • COLLECTION - アストンマーティンコレクション
  • MAIL MAGAZINE - メールマガジン
  • CONTACT US - お問い合わせ
  • SITE MAP - サイトマップ
  • RECRUITMENT - 採用情報
  • COMPANY INFORMATION - 会社概要
  • PRIVACY POLICY - プライバシーポリシー