News & Topics

News & Topics

マセラティ、ジュネーブモーターショーで「ネリッシモ・エディション」を発表

2018年03月08日

180308maserati_geneva

第88回ジュネーブモーターショーで、マセラティはギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテを「漆黒」に染めました。ブラックはエレガントの極みであると同時に、傑出したスポーツ性能を表現し、マセラティブランドのDNAを的確に捉えています。このコンセプトから、Nerissimo(ネリッシモ、イタリア語で「黒」を表す「Nero」の最上級としての造語)が誕生しました。

今回発表されたネリッシモ・エディションはギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテそれぞれのグランスポーツトリムのオプションとして設定されます。いずれもその外観は魅力的で深みのあるブラックボディを纏い、グリルフレーム上部とトライデントロゴ、サイドエアベントフレーム、ブーツ、Cピラーとリアのバッジがブラック・クロームで、そしてフロントグリルのバー、ドアハンドル、エグゾースト・パイプ、ウィンドー・フレームは、黒で仕上げられています。

ギブリとクアトロポルテには、LEDヘッドライトがダークカラールックとなるのに加え、ホイールにはブラック仕上げの20インチウラーノまたは21インチトロフェオが設定されます。
レヴァンテには、さらにフロントアンダーボディとリアアンダーボディプロテクション、ブラックフォグライトリングなどのオプションが選択可能です。ホィールは、ブラック仕上げの20インチネレオ、20インチエフェスト、21インチアンテオのいずれかを選択が可能です。

ギブリのインテリアは、ヒーティング機能を備えたスポーツシートおよびスポーツ・ステアリング・ホイール、ダークミラー仕上げのインテリアトリムが装備されます。またオプションでブラックピアノまたはカーボンファイバートリムも設定される他、プライバシーガラスや電動式リヤブラインドも選択が可能です。
クアトロポルテのインテリアトリムには、ブラックピアノまたはカーボンファイバートリムのいずれかが選択可能で、プライバシーガラス、サラウンドビューモニターを装備しています。また、シフトブーツ、ホームリンクシステム、キーレスエントリーのリアドアを含むように拡張されています。レヴァンテは、フロントとリアのヒーティング機能付スポーツシート、4ゾーン・クライメート・コントロール、フットペダル、イージーエントリーシステムを備えています。

ジュネーブモーターショーでのその他の展示内容
マセラティブースではさまざまなトリムオプションや外装色のマセラティのフルラインアップが展示されています。
ギブリ S Q4グランルッソはビアンコアルピのエクステリアカラーを纏い、20インチウラーノダイヤモンドホイール、アルミブレーキキャリパー、エルメネジルド・ゼニアによるシルクとレッド・レザーのコンビネーションシート、最高級のエボニートリムを装備しています。
クアトロポルテS Q4 グランルッソはブルーパッシオーネのエクステリアカラーに21インチチターのホイール、ブラック・ブレーキキャリパーを装着。ベージュカラーのインテリアとの組み合わせが美しく、リヤシートはショーファーカーとしての快適性も備えています。
また、2018年モデルでフェイスリフトを施したグランカブリオMCは、ビアンコ・バードケージのエクステリアに20インチホイール、ブラック・ブレーキキャリパー、レザー/アルカンターラのコンビネーションインテリア、そして白ステッチがそこにコントラストを与えています。ドアハンドルなどのパーツにはカーボンが使用され、そのスポーティさをさらに際立てています。

マセラティのラインアップ
2018年モデルにおいてマセラティはすべてのモデルにおいて、リスタイリングや新しい機能の追加などの変更がなされ、新しく生まれ変わっています。
そして、クアトロポルテに2017年導入され好評を得ているグランルッソ/ グランスポーツのトリムオプションをギブリとレヴァンテにも広げています。
これによりマセラティが本来より持つエレガントさとスポーティさがより際立っています。
ギブリはマセラティ史上最も販売されているモデルで、2013年のデビュー以来世界で84.200台以上を売り上げています。MY18ではMagneti Marelli Automotive Lightingと共同開発したグレアフリー技術を採用したアダプティブ・フルLEDマトリックスヘッドライトを備えています。クアトロポルテにおいても、L字型のグレアフリー技術を用いたアダプティブ・フルLEDヘッドライトが採用され、それまでのバイキセノン技術に比べて視界が大幅に改善されています。これはすべてのグランルッソおよびグランスポーツトリムに設定さえます。 また、マセラティとして初めて電動パワーステアリング(EPS)を導入し、レーン・キーピング(車線維持)などアクティブ機能を備えた最新の先進運転支援システムを採用しています。EPSは2018年モデルのクアトロポルテ、ギブリ、レヴァンテに搭載され、このシステムにより、マセラティ特有のシャープなハンドリングを維持しながらも、操作性と快適性が向上しました。
2016年に発表した100余年のマセラティ史上初となるSUV レヴァンテはマセラティにとって非常に大きな転換点となり、現在のラグジュアリーカーの半数以上を占めるこのセグメントに参入したことでマセラティの販売台数はさらに拡大をいたしました。ジュネーブモーターショーのマセラティブースでは2018年モデルのレヴァンテを展示しています。
「SUVのマセラティ」は、軽量素材、理想的な50:50前後重量配分、そしてセグメントで最も低い車高など、マセラティがもつスポーツカーとしてのDNAが随所にみてとれます。レヴァンテはラグジュアリーSUVセグメントで比類のない俊敏性を備えています。また、荒れた路面での優れた快適性と雪道など低グリップ状況での優れたスタビリティを発揮します。

また、レヴァンテの2018年モデルにおいても他モデル同様にアダプティブ・フルLEDヘッドライトが採用されています。
ジュネーブモーターショーではニューデザインの21インチホイール Eracleを公開しています。艶やかなグレーカラーにダイヤモンドトリムが施され、魅惑的なデザインが外観の選択肢をより広げています。
グラントゥーリズモとグランカブリオの2018年モデルは、エアロダイナミクスを改善などエレガントさを増したフェイスリフトが施され、インテリアは、最新のドライバーインターフェイスとインフォテインメントシステムの導入が含まれています。グランカブリオのタイヤは、通常デザインのPirelli P Zeroタイヤの他、カラーエディション(レッド、ホワイト、シルバー、イエロー)も選択が可能となります。
2017年にデリバリーされたマセラティは世界合計で51,500台におよびます。77のマーケットのうち、最大の市場は中国であり、北米が続きます。

車両統合制御システム(IVC)
ギブリとクアトロポルテにはより強力な3.0リッターV6エンジンが搭載されており、ボッシュがマセラティと共同開発した新しいIVCシステムも使用しています。この重要な技術開発は、単に車両の不安定さを防ぎ、より積極的な安全性、より良い走行ダイナミクス、よりエキサイティングなパフォーマンスを保証します。

"Officine Maserati Certified Pre-owned" マセラティの認定中古車プログラム
「Officine Maserati Certified Pre-owned」認定中古車プログラムは、2017年に見直しが行われ、中古車のマセラティを購入するすべてのお客様に最大の安全を保証します。
「Officine Maserati Certified Pre-owned」のすべての車両は、マセラティ認定テクニシャンによる121箇所に及ぶ厳格な検査をクリアしています。マセラティ認定中古車の保証はマセラティ新車保証と同じ保証内容を提供し、初度登録から2年までの車両については2年以上、4年未満の車両ついても1年以上にわたって走行距離の制限なしで保証を提供します。
これにより新車顧客と同等レベルの質の高いプロダクトとサービスを両立しています。

オクト レトロ マセラティに新たな「グランルッソ」「グランスポーツ」モデルが登場
マセラティとブルガリのパートナーシップを象徴する、2つの新しい「オクトレトロマセラティ」を発表。「グランルッソ」と「グランスポーツ」のための特別なデザインを施したこの限定モデルは、マセラティオーナーのためだけに生産された限定モデルです。
両シリーズはレトログラード分針とジャンピングアワー表示を特徴としています。マセラティ車のインテリアからインスピレーションを得たステッチ入りのレザーストラップとタコメーターを彷彿させる文字盤のデザインが、その稀少な輝きを際立たせています。

エルメネジルド・ゼニアによるマセラティカプセルコレクション
グランルッソトリムからインスパイアされた、エルメネジルド・ゼニアによるマセラティカプセルコレクションがジュネーブモーターショーのマセラティブースで展示されています。マイクロヌバックのディテールを備えた洗練されたトラベルウェアと洗練されたレザーグッズは、2013年にパートナーシップを締結して以来、イタリアの2つのブランドを統一した職人技とエレガンスを具象的に表現しています。

マセラティS.p.A. について
マセラティは、どこを見てもマセラティとすぐに分かるような個性を持つユニークなモデルを製造します。マセラティのスタイル、技術、本質的に独自性のある特徴は、最も見識のある方々を魅了し、その要望を満たすとともに、自動車業界のベンチマークとして存在しています。ブランドの最新ラインナップは、主力モデルである「クアトロポルテ」、高級スポーツセダンの「ギブリ」、マセラティ初のSUV「レヴァンテ」、そして伝説的な「グラントゥーリズモ」とオープンドライビングの愉悦をもたらす「グランカブリオ」で構成。ガソリンとディーゼルエンジン、RWDまたはAWD、最高級の素材と優れたエンジニアリングにより、かつてないほどの完璧なモデルレンジを揃えています。マセラティは、イタリアの美学と高度な技術によって、デザイン、性能、快適さ、エレガンス、安全面における新たな基準を確立し、ハイパフォーマンスとラグジュアリーの完璧な融合を体現します。

Copyright © 2011 HAKKO CAR GROUP. All Rights Reseved.